中央クリニックブログ

2017.5.19

クールビズなのに、汗ジミ・黄ばみ・ワキ汗が気になる!!

クールビズなのに、汗ジミ・黄ばみ・ワキ汗が気になる!!

もう5月も後半ですね。
びっくりです。まもなく今年も半分が過ぎるわけですよ?早い・・・

ということで、そろそろ夏服の準備を始める方も多くなるのではないでしょうか?
特にスーツの場合、ジャケットを着るのは少し辛い気温の日も出てきましたしね・・・

先日も5月なのに29度と世間で騒がれた暑い日のこと、通勤電車の男性陣達はジャケット片手に汗を拭き・・・という方もチラホラ見かけました。
会社によっては、そろそろクールビズOKも出るのでしょうか?

今週に入ってからは、半そでシャツにジャケット持参といった薄着の装いの方もいらっしゃいました!

 

そこでです。
今日はこの時期だからこそ、この話題に触れちゃいます。

『スーツの下の、ワキ汗汗ジミ問題!』

中央クリニックにも、せっかくのクールビズなのにシャツの黄ばみやワキ汗が気になり、ジャケットが脱げないと、ワキ汗汗ジミのお悩みでご来院される方が多くいらっしゃいます。

正直このお悩みは、老若男女の課題ですね。

これを読んでいる皆さんの中にも、そういったワキ汗汗ジミのお悩みに心あたりのある方はいらっしゃいますか?
制汗スプレーなどのセルフケアをしても、防げないほどの汗でお悩みの方・・・
ぜひ一度、中央クリニックまでご相談にお越しください!

とはいえ、実際にクリニックでどんな治療を行うのか、気になるところでもあると思います。
例年多い症例は、『ボトックス注射』による治療です。

女性の美容治療でも活用されるボトックス注射ですが、男性にとってはあまり聞き慣れない言葉かもしれませんね。

そこで、ボトックス注射とワキ汗汗ジミ対策の関係性について、ご説明したいと思います。

と・・・その前に、まずは汗が分泌されるメカニズムのお話から。

そもそも汗は、皮膚にある汗腺から分泌されます。
ではなぜ、汗腺から汗が分泌されるのかというと・・・
大きな役割は、体温調整

暑いときはもちろん、運動をしている時に汗が出るのもこのメカニズムですね。
体温が上昇すると、体に備わっている神経の伝達により汗が分泌されてクールダウンする、というのが汗が分泌される主な理由です。

しかし、思い当たる方もいらっしゃるかもしれませんが、これ以外の理由で汗が分泌されることもあります。

それは、精神的な理由
極度に緊張をしたり、焦ったり・・・例えば、重大な会議の前に、汗が止まらないというケースも想定出来ますよね。

ただしこういった精神的な理由で、「日常生活に支障をきたすほど汗が出る」という場合には要注意!!
いわゆる多汗症の可能性が考えられます。

では次に、いよいよボトックス注射とワキ汗汗ジミとの関係性についてをお話します。
体温調整にしても、精神的な理由にしても、分泌する理由は『神経が指令を出しているから』です。

しかし、暑くもない・運動もしていないと特別な理由も思い当たらない、もしくは精神的な理由で汗が大量に出てくるといったケースの場合には、汗を分泌する信号・[交感神経]がバランスを崩していることが原因と言えます。

つまり多汗症の根源として考えられているのは、[交感神経]
そこで、ボトックス注射の役目です。
ボトックス注射は、神経分泌物質を抑制する作用を持っています。

神経分泌をブロックして、汗の分泌を止める。
こういった根本的なアプローチが、多汗症に大変効果があるのです。

とはいえ、ボトックス注射による汗分泌の抑制は、多汗症治療以外でも活用されます。
それは医師の診断の元、多汗症とまでは診断されなかったものの、わき汗・汗ジミに悩んでいるというケースですね。

 

しかし、そこには診療スタイルの違いがあります。

多汗症保険診療
それ以外:自由診療

 

多汗症の場合、『多汗症』という診断名がついている疾患に対する治療となるので、保険が適応されます。
保険診療ということは、もちろん自由診療よりも自己負担金は少なくなります。

とはいえ、自由診療にもメリットがあるため、あえて自由診療を選択される方もいらっしゃいます。

そのメリットの一つが、ボトックスの量を調整出来るということ。
どの治療にも言えることですが、その症状やどんな治療が合うかどうかは人それぞれです。

ですが保険診療の場合、一度に注射できるボトックス量は一定。
一方自由診療では、患者様それぞれに合った治療をより考えて、ボトックス量を増やした治療を行うこともできます。(※希望したから出来るというものではないので、まずは医師にご相談ください。)

 

結局のところ、最も大切なのは、患者様がどのようなゴールを迎えるのか。
十人十色という言葉があるように、すべての患者様にまったく同じ治療を行って、すべての方に100%効果があるなんていうミラクルはなかなか考えにくいですよね。

だからこそ中央クリニックでは、無料カウンセリングを重要視しています。
もちろんこの無料カウンセリングで、保険診療と診断されなかったから治療は保留・・・というご判断もOKです!

その無料カウンセリングが、お悩み解決のきっかけとなれば、スタートラインとなれば、それだけで意味がある時間となると私達は考えています。

せっかくの薄着シーズン(クールビズ)なのに、シャツの黄ばみ・ワキ汗が気になってジャケットが脱げない。
夏の薄着ならではのオシャレも、汗の悩みで思いっきり楽しむことができない。

そういったお悩みを一人で抱えている方、ぜひお気軽にご相談くださいませ!

最新の記事

top

治療に関する不安やお悩み
まずはお気軽にお問い合わせください

0120-472-332受付 9:30~19:00

受付 9:30~19:00・土日祝も開院(携帯からもOK)

ご予約・ご相談