中央クリニックブログ

2017.9.22

年齢だから薄毛でも仕方ない・・・そんなことありません!その鍵を握るのは、ビタミンC?

年齢だから薄毛でも仕方ない・・・そんなことありません!その鍵を握るのは、ビタミンC?

多くの男性が悩む薄毛・・・

よくあるタイプとして、男性ホルモンが原因となる薄毛のケースが挙げられることがありますが、

実はそれ以外にもよくある薄毛ケースが存在します。

 

 

それは、薄毛年齢と共に進んでいく、というケースです。

 

確かに、薄毛の高齢男性は多いですよね。

もちろん、男性ホルモンの影響で薄毛になってしまった方もいらっしゃると思いますが、実は年齢が原因という方も・・・さらには、男性ホルモン・加齢、どちらの影響もあって薄毛になったという方もいらっしゃることでしょう。

 

 

そこで問題として考えられるのが、「年齢と共に薄毛になる」という事態を、食い止める方法はあるのか?という疑問。

男性ホルモンに比べて、「年齢と共に薄毛になる」と言われていまうと、抗えない宿命にように感じてしまうのも無理はありません。

 

実際に私の知人も、「歳だから、仕方ないよね~!」と開き直ってしまっているわけですが・・・

 

ありますよ!

年齢と共に薄毛に近づかないための対策!!

 

 

 

毛を生やす「毛包幹細胞」は、コラーゲンに保護されている!

2016年、東京医科歯科大学の研究チームは、年齢と共に髪の毛が失われていくメカニズムを解明しました。

 

それには、毛を生やす「毛包」という器官で育つ幹細胞(以下、毛包幹細胞)と、同じく毛包で生成される「17型コラーゲン」が大きく関係しているとのことでした。

 

ではそのメカニズムを、ご説明しましょう。

まずは、毛包幹細胞と17型コラーゲン、それぞれの役目からお話しますね。

 

毛包幹細胞・・・髪の毛の素

17型コラーゲン・・・毛包幹細胞を保護する成分

 

そう、いずれがなくても、髪の毛が育たない、というのがこれらの関係性です。

 

しかしながら、毛が生成される際に細胞が分裂することでDNAを傷つけ、それを修復するために排出された酵素が、コラーゲンが分解してしまうというメカニズムが発生しています。

 

すると、コラーゲンによって保護されていた毛包は、分解のたびにコラーゲンが減少していくことで、守ってくれる存在を失い、毛包は徐々に皮膚の表面へ・・・

そして毛包を含む毛根を失った毛穴も徐々に小さくなって、やがてふさがっていく・・・というのが薄毛に繋がるメカニズムです。

 

さて、いよいよ薄毛対策に繋がるお話に向かいます!

この毛包幹細胞と17型コラーゲンの関係性が、どう薄毛予防と関係していくのか、見ていきましょう!

 

薄毛対策は、毛包幹細胞があるうちに!

東京医科歯科大学の研究チームが行ったマウス実験では、コラーゲンを体内で作り続けるマウスの毛がふさふさなのに対して、コラーゲンを持たないマウスは月日がたつと共にほとんどの毛を失ったと言います。

 

当然、これは人間においても同様です。

 

ただし、17型コラーゲンは加齢と共に減少していくので、自発的に作り続けることはできません。

さらに17型コラーゲンは、毛包で生成されるため、薄毛となって毛包そのものが失われている頭皮では、新たにコラーゲンも髪の毛も作られることはありません。

 

ということは・・・

加齢と共に薄毛にならないためには、髪の毛があるうち、つまり、毛包幹細胞が存在するうち、対策をすることが重要となるのです!

 

コラーゲンはサプリメントで補える?ビタミンCの必要性

薄毛が進行しているものの、まだ髪の毛がある部分もばっちり存在する!

つまり、毛包があるよーという場合には、ぜひとも17型コラーゲンを補い、毛包を守りたいところです!!

 

コラーゲンといえばサプリメントで補えることでも有効ですが、このケースでもそれは有効なのでしょうか?

 

・・・残念ながら、毛包を保護する17型コラーゲンは、サプリメントでは補えません。

 

では、まだ残っている毛包幹細胞の中で、17型コラーゲンが作られやすい環境を整えるためには何をすればいいのかというと・・・

 

ビタミンCを補いましょう!!

実はビタミンC、毛包幹細胞がコラーゲンを合成するために必要不可欠な存在です。

 

そのためサプリメントによってビタミンCを、毎日複数回に分けて摂り続けることも有効的な対策の一つです!

しかし、本来ビタミンCは命に関わる器官へ優先的に送られるため、サプリメントで摂取したビタミンCが頭皮に届くのは、ごくわずかだとされています。

 

そのため、薄毛状態が進行している場合には、各種ビタミンをはじめとする髪の再生に有効な成分を頭皮に直接注入するHARG療法という治療法をお勧めいたします。

HARG療法とは、毛髪再生に関わる成分を配合したカクテルを頭皮に直接注入することで、髪の再生効果が期待できる注目の薄毛治療です。

 

 

ただし、「薄毛の進行状態」というのは、個人ではなかなか判断が難しいところでもありますよね。

たとえ少し髪が細くなっているだけでも、本人からすると泣きたくなるほど深刻な薄毛状態と思うかもしれませんし、その反対に、実際に髪の毛がなくなってツルツル状態になるまで薄毛問題を深刻に感じない方もいらっしゃるでしょう。

 

ちなみに私の友人は、お風呂あがりに奥様から、「髪薄くなったね~」と言われて、鏡に映る薄毛の自分を認識したのだとか・・・

彼はまさにラッキーでしたね。見た目に厳しい奥様のおかげです!!(笑)

 

このように薄毛に気付けるきっかけがあればラッキーですが、そのきっかけをなかなかつかめないという方は、「ちょっと髪が薄くなったな~」と感じた時点で薄毛治療を考えても、大げさではありませんよ!

 

また薄毛のタイプも、個人ではなかなか判断出来ません。

加齢が原因だと諦めていた薄毛症状が改善することはもちろん、

実は加齢ではない他の原因が潜んでいた・・・ということも、珍しいことではありません。

 

だからこそ、まずはご自身の髪の毛の状態と向き合っていただきたいのです!

 

中央クリニックでは、お一人おひとりの薄毛状態にあった治療法、対策をご提案するために、無料カウンセリングを丁寧に行っています。

 

薄毛予防の第一歩は、早期発見です。

あなたも、今の薄毛状態を確認してみませんか?

最新の記事

top

治療に関する不安やお悩み
まずはお気軽にお問い合わせください

0120-472-332受付 9:30~20:00

受付 9:30~20:00・無休(携帯・PHSからもOK)

ご予約・ご相談