中央クリニックブログ

2017.7.21

これ本当?『帽子をかぶるとハゲる』説を追究せよ!

これ本当?『帽子をかぶるとハゲる』説を追究せよ!

今年、やけに暑くないですか?

例年の夏は日差しなんてそんなに気にならないのに、今年は帽子をかぶりたくなるほど日差しがキツく感じます。

熱中症対策はもちろんですが、帽子は夏ならではのオシャレでもあります!

なかには夏だけに限らず、オシャレの一つとして通年帽子を楽しんでいる方もいらっしゃると思います。

さらには、薄毛を隠すために帽子をかぶっている方もいらっしゃいますよね。

 

しかしその一方で、こんな噂を耳にしたことはありませんか?

 

帽子をかぶるとハゲる

・・・なかなかの衝撃をくらう言葉ですが、僕からするとずいぶん昔からこの言い伝え?が耳に残っています。

 

もちろん、「帽子をかぶるとハゲる」というのは言い過ぎだと思いますよ!

でも、実際に薄毛治療の知識を身につけてから思うことは、この帽子とハゲ(薄毛)の関係、なかなか深いものみたいなんです。

 

とはいえ、正確に言うと、「帽子をかぶることで、薄毛の要因を生み出す“可能性がある”」という程度でしょうか。

今回はその実態について、お話をしたいと思います。

 

 

帽子から発展する薄毛の要因

例えばこの暑い日々の中で、帽子をかぶっていたとしましょう。

帽子の中、つまり頭部や髪の毛はどうなりますか?

 

恐らく、をかく」というのが一般的ですよね。

汗っかきの方でなくても、暑い日差しの中で帽子をかぶっているという状態であれば、多かれ少なかれ汗をかくと思います。

しかも、汗をかいた頭部は帽子で密封状態になり、帽子の中はまさに蒸し風呂のよう。

そう、汗をかいて蒸されるわけです。

 

そして頭部が蒸された状態を放っておくと、髪を生やすための土壌である頭皮が雑菌を増殖させやすい状態になります。菌というのは、湿度のある場所を好みますからね。

すると、頭皮環境が悪くなり、髪の成長に悪影響を及ぼす、というの負のサイクルを生み出す可能性があるのです。

 

恐らく「帽子をかぶるとハゲる」という説を裏づける要素の大半が、この「汗で蒸される」という状態なのではないでしょうか。

 

さらには、帽子をかぶると髪がペターっとなるのも、「帽子=薄毛」を連想させる一つの要因かもしれません。

というのも、少し季節外れの話になりますが、僕の大学時代の友人でスノボが大好きな男性がいます。彼は冬の時期になると、スノボをしていない時でもニット帽をかぶっていたわけですが、レストランなどで帽子を脱ぐと、冬であっても汗で髪がペターっとなっているんです。

それに加えてスノボというスポーツをした後だと、さらにペターっとなっているわけで・・・

正直、彼は元々薄毛傾向にあったと思うんですよね。

大学生なので、20代前半ではありましたが、決して髪が多い方ではなかったと思います。

そのため大学の友人からは、「あいつ、帽子被り過ぎてちょっとハゲてるよね」というイメージが出来あがってしまったわけです。

今思うと、果たして帽子のせいかどうかは怪しいところですが、彼自身も若いながら薄毛を気にしていて・・・

 

恐らく、それと同じように、髪がペターっとなって薄毛に見える状態を見かけることも、「帽子をかぶるとハゲる」というイメージを創り上げたのではないでしょうか。

 

しかし、これに関しては一つの説を唱えることが出来ます。

帽子をかぶっていて髪の毛がペターっとなり、薄毛っぽく見える人というのは、帽子のせい云々ではなく、既に薄毛傾向にあるわけです。かくゆう、その帽子の彼も、自身が薄毛傾向にあることを認め、学生時代から薄毛予防にいそしんでいました。今の彼の状態はわかりませんが、彼の早めの判断が実り、薄毛のコンプレックスから解放されていることを願うばかりです。

さて、ここで「帽子をかぶるとハゲる」説の僕的結論を発表をしたいと思います。

 

帽子をかぶることで薄毛に発展させる“要因”を作る可能性はあるものの、直接的に帽子だけが影響して薄毛になるとは限りません。ゆえに、薄毛の原因を帽子だけに押し付けるのは、些か科学的根拠が足りないと思います!!

 

 

帽子には、薄毛に良いメリットもある!

また「帽子をかぶるとハゲる」とは逆に、帽子をかぶっていたから薄毛の要因を予防できるという側面があることをお気づきでしょうか?


 

それは、紫外線から頭皮を守ることが出来るという点です。

頭皮が紫外線による炎症や火傷を起こしてしまうと、当然のことながら髪が育つ過程にも影響することが考えられます。そのため薄毛予防という観点では、帽子をかぶるということも一つの有効的な対策と言えるわけです。

 

では、薄毛を気にする方にとってメリットもデメリットもある「帽子」、どうやって付き合っていけばいいでしょうか?

・・・上手に活用しましょう?

そして何より、帽子をかぶらなければ薄毛は改善される、という間違った認識はやめてください!

実は、たまにいらっしゃるんです。「ハゲるから、帽子やめました!」という方が。

しかし、そもそも薄毛になっているのだとしたら、帽子をかぶらないようにしたとしても、「薄毛」という事実は変わりません。

 

だからこそ、適切な薄毛治療と紫外線対策としての帽子を、上手く併用していただきたいんです。

 

・帽子をかぶりっぱなしにせず、適度に換気を。室内では帽子を取るというルール徹底も大事ですね。

・炎天下では、帽子をはじめ、頭皮にも使える日焼け止めなどで紫外線対策を重視!

 

そして何より、薄毛治療重視!AGAは進行していく疾患です!

「薄毛かな?」「最近ハゲてきたかな?」と感じたら、お気軽に中央クリニックまでご相談ください。

 

無料カウンセリングで、まずはあなたの頭皮の状態から確認してみましょう。

 

最新の記事

top

治療に関する不安やお悩み
まずはお気軽にお問い合わせください

0120-472-332受付 9:30~19:00

受付 9:30~19:00・土日祝も開院(携帯からもOK)

ご予約・ご相談