中央クリニックブログ

2017.8.23

ヒゲ剃りの刃が、“ほくろ”にひっかかるからヒゲ脱毛で解決したい!でも、ほくろがあっても永久脱毛はできるの?

ヒゲ剃りの刃が、“ほくろ”にひっかかるからヒゲ脱毛で解決したい!でも、ほくろがあっても永久脱毛はできるの?

あなたが、ヒゲ脱毛を検討されている理由はどのようなことですか?
もしくは、現状のヒゲ剃りで、困っていることはありませんか?

 

中央クリニックにいらっしゃる男性の中には、ヒゲ剃りする際に毎回シェバーやカミソリが、「ほくろ」に引っかかってしまうことが、ヒゲ脱毛のきっかけになっているケースも少なくはありません。

 

シェーバーやカミソリの刃が、ほくろにひっかかる・・・想像しただけで痛そうですね。

当然のことながら、こうなると多少の出血も伴います。

 

正直、ヒゲ剃り時間のたびに、痛くて出血があると心もめげてしまいそうですね。

実際に私の友人で、顎部分に大きなほくろがある男性は、極限までヒゲ剃りを我慢していました(笑)

 

◆ほくろ と ヒゲ脱毛の関係

ほくろを懸念して髭剃りから卒業すべく、ヒゲ脱毛を希望される方が多い半面、

「ほくろがあっても、ヒゲ脱毛が出来るのか?」という質問を頂くこともあります。

 

「ほくろがあっても、ヒゲ脱毛が出来るのか?」

こういった質問をされる方は、だいぶヒゲ脱毛について詳しく調べていらっしゃるのではないでしょうか。

 

なぜなら確かに、ほくろ と 脱毛には懸念すべきポイントがあるからです。

それは、ほくろがメラニンの蓄積によるものだということ。

 

そもそも脱毛に使う多くの医療レーザーは、メラニンの黒い色素に反応することで、照射パワーを熱に変換し、脱毛効果を発揮します。

そのため、メラニンを多く含むほくろに医療レーザーを照射すると、そのメラニンに反応してできた熱によって、ほくろ部分の肌が火傷を起こしてしまうことも懸念されるのです。

 

では結局のところ、メラニンを含むほくろがあると、医療レーザーによる脱毛はできないのかというと・・・

 

できるクリニックもあります!!

ようは、メラニン色素に反応して熱に変えるメカニズムではない、他のメカニズムを持つ医療レーザーを使用すればいいのです。

 

◆【ほくろOK】 メディオスター Next PRO の魅力


 

ほくろに限らず、日焼け肌や地黒肌など、メラニンが関係していることで、医療レーザーによる永久脱毛が懸念されていた肌状態もありました。

これは従来の主流が、メラニンに反応して熱に変えて、毛根細胞を破壊するメカニズムを持つ医療レーザーだったからです。

しかし近年では、集中的な熱で毛根細胞を破壊するのではなく、

毛根の途中「バルジ領域」にじっくりと熱を加えることで、永久脱毛効果をもたらすメディオスター Next PROという医療レーザーも開発されました。

 

そしてより多くの方に、永久脱毛を体感いただきたいと考える中央クリニックでは、いち早くこのメディオスター Next PROを導入しております。

 

そのため、たとえメラニンを含むほくろがあったとしても、全く問題なくヒゲ脱毛の施術を受けていただけますので、ぜひ安心してお任せくださいませ!

 

また中央クリニックでは、機械の安全性に頼るのではなく、技術面でもより安全に施術を行えるよう取り組んでおります。

 

もしあなたが他院から、ほくろがあることでヒゲ脱毛をお断りされたのだとしたら・・・

ぜひ中央クリニックの存在を思い出してくださいね。

 

——————————————————————-

中央クリニックでは、無料カウンセリングを随時受け付けております。

ぜひお気軽に、お問い合わせくださいませ。

——————————————————————-

 

 

最新の記事

top

治療に関する不安やお悩み
まずはお気軽にお問い合わせください

0120-472-332受付 9:30~19:00

受付 9:30~19:00・土日祝も開院(携帯からもOK)

ご予約・ご相談