中央クリニックブログ

2018.7.19

今日のこの汗、「ボトックス注射」で解消!

今日のこの汗、「ボトックス注射」で解消!

夏の朝。

駅のホームに並ぶサラリーマンが、ハンカチで汗をぬぐう姿が、最近、恒例風景になってきたように思います。

そんな時、目の前で汗に悩まされる皆様に伝えたい……ボトックス注射(発汗抑制注射)の存在を。

 

ボトックス注射で、汗を抑制する必要性

満員電車のなかで。オフィスで。

服や髪、肌にまとわりつく汗の存在はもちろん、そこから発するニオイも心配……

だからこそ、効果的な汗対策を探し続けている方も多いのではないでしょうか?

 

人気の制汗剤を使う?

こまめに汗を拭く?

扇子や携帯扇風機を持参するなど

 

対策は色々とありますが、どれも忘れてしまうと、結局汗が……

なかにはこれら市販の汗対策グッズでは間に合わない、汗を抑制しきれないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

だからこそ、一回の施術で約3か月~半年の効果持続をもたらすボトックス注射で、汗を抑制!

とはいえ、ボトックス注射でなぜ、汗が抑制できるのか。

それは、ボトックス注射により、交感神経に発汗を働きかける神経伝達物質「アセチルコリン」の分泌を抑制することができるから。そう、「アセチルコリン」が分泌されなければ、交感神経が過度に活発化されることもなく、汗の過剰分泌を抑制できるわけです。

 

例えば、今注射を行えば、暑さを控える8月~9月は乗り切れることに。さらにレジャーの多い、10月も、汗に悩まされることは少ないと言えるでしょう。


 

多汗症に注意!ボトックス注射の効果は、“永久”ではない

さて、ここまで、「夏の暑さで汗が滴る」ということを前提にお話ししましたが、発汗の要因はそれだけではありません。

緊張したり、ストレスを感じたりと、心的に負担を感じた際にも交感神経は活発になり、発汗を促すことがあるのです。さらには交感神経のバランスが乱れ、日常生活に支障を及ぼすほど発汗する「多汗症」に発展することも。

 

「室内なのに、汗が止まらない」

「夏に関わらず、汗に悩まされている」

そう感じる方は、多汗症を疑ってみては?

 

そして、ボトックス注射はもちろん、様々な多汗症治療にもぜひ、目を向けてみてください。

中央クリニックでは、丁寧なカウンセリングのなかで、あなたが悩まされる症状解消に必要な治療を見つけ出します。まずはお気軽に、ご相談くださいませ。

 

最新の記事

top

治療に関する不安やお悩み
まずはお気軽にお問い合わせください

0120-472-332受付 9:30~19:00

受付 9:30~19:00・土日祝も開院(携帯からもOK)

ご予約・ご相談