男性のシミ・そばかす除去(アキュティップ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

シミ・そばかす除去(アキュティップ)

1アキュティップとは

アキュティップ

紫外線対策を怠りがちな男性は、いつの間にか薄いシミやほくろが出来始め、気がついた時には顔中に無数のシミ、そばかすが発生しているケースが多く見られます。

中央クリニックはアキュティップを用いて、こうした薄いシミやそばかすを除去すると共に、ヘモグロビンを破壊して浮き出た血管を改善致します。

シミ治療を行うレーザーは他にもありますが、従来のレーザー機器に比べてアキュティップは肌へのダメージが極めて少ないので、施術後の赤みと色素沈着がほとんど出来ません。

そのため従来のレーザー機器では難しい、日焼けをしやすい方やレーザー機器の熱さに耐えられない方でも、安心して受けていただく事が出来ます。

2アキュティップがおすすめの方

3アキュティップの特徴・メリット

4アキュティップの詳細

紫外線対策を怠りがちな男性は、紫外線の影響を受けやすいため、いつの間にか薄いシミやほくろが出来やすい環境です。大きなシミのようにすぐ気がつかない分、気がついた時には顔中に無数のシミ、そばかすが発生して、「肌に色ムラが出来る」「暗く見える」「老けて見える」という3つのデメリットが生じます。

中央クリニックはアキュティップを用いて、こうした、いつの間にか出来てしまった薄いシミやそばかすを改善し、上記のデメリットを解消致します。

アキュティップについて

アキュティップは茶色と赤色に反応する500~635nmの波長を持ち、尚かつメラニン色素とヘモグロビンへの吸収率が高いレーザー機器です。

アキュティップの効果

アキュティップの効果は、下記の通りです。

薄いシミ、そばかすを除去

メラニンに吸収されやすい特徴を持つアキュティップの光熱は、薄いシミとそばかすのメラニン色素に吸収された後、内側からメラニン色素を破壊。ターンオーバーと共に排出する事で、薄いシミとそばかすを除去して「顔色を明るく見せる」「色ムラの無い肌にする」効果があります。

浮き出る血管を除去

ヘモグロビンにも吸収されやすいアキュティップの波長は、メラニン同様、ヘモグロビンに吸収された後、内側からヘモグロビンを破壊する作用もあります。そのため、年齢と共に浮き出てくる顔や手、首の血管を抑制して、若々しい顔と体を叶えます。

アキュティップが優れている点

従来のレーザー機器は濃いメラニンの黒い色素に反応する一方、薄いシミとそばかすの茶色と赤のメラニンには反応しません。よって、従来のレーザー機器を用いて薄いシミとそばかすを除去する事は出来ないので、アキュティップは薄いシミとそばかすを除去出来る、唯一無二のレーザー機器と言えます。

また、従来のレーザー機器を毛細血管に照射すると、毛細血管の周辺組織が熱損傷を起こし、火傷や点状出血をするリスクがありました。

対してアキュティップは、

上記2つのシステムを兼ね備えているので、周辺組織に熱損傷を起こす事がほとんどありません。そのため、従来のレーザー機器では難しかった、繊細な箇所の細かい毛細血管治療が可能になった、優れたレーザー機器です。

ダウンタイムと施術回数

アキュティップの照射箇所は施術後3日程で薄いかさぶたとなり、7日程で剥がれ落ちますが、近くで見ないと分からない程度です。日常生活に支障の出るダウンタイムは無いので、忙しい方や毎日人と顔を合わせる方でも安心して施術いただけます。

また、アキュティップは1度の照射で、6割程のメラニンとヘモグロビンが除去されます。そのため、肌内部のメラニンとヘモグロビンを確実に除去したいのであれば、3週間に一度の施術を2~3回推奨致します。

アキュティップを照射する前に

アキュティップは茶色と赤色のメラニン色素に反応するレーザー機器ですが、シミやそばかすの中にはメラニン色素の色がハッキリしていないまたは複数の色素が入り混じっているものも存在します。

しかし、メラニン色素は刺激によって濃くなる特徴を持っているため、メラニンの色味に適さないレーザー機器を照射した場合、効果が無いどころか却って濃くしてしまう可能性が懸念されます。

そこで中央クリニックはこのリスクを最小限に抑えるために、

上記2点を無料カウンセリングでしっかり確認&決定してから、照射致します。そのため患者様の症状によっては、アキュティップではない、違うレーザー機器をおすすめする場合も御座います。

5アキュティップの施術の流れ

全国の中央クリニック

top

治療に関する不安やお悩み
まずはお気軽にお問い合わせください

0120-472-332受付 9:30~20:00

受付 9:30~20:00・無休(携帯・PHSからもOK)

ご予約・ご相談