一部切開法・全切開法(切る二重術)

このエントリーをはてなブックマークに追加

一部切開法・全切開法(切る二重術)

1一部切開法・全切開法(切る二重術)とは

shutterstock_154536356

中央クリニックによる一部切開法と全切開法は、まぶたの上の不必要な皮膚と眼窩脂肪、ROOFを除去する事が可能です。

そのため目元をハッキリさせる他、「腫れぼったい目元をスッキリさせる」「目元のたるみを除去して若々しい目元にする」等、目元の印象を変えてどの年代から見ても好感を持たれる若々しい印象に仕上げる事が出来ます。

原因を確実に取り除いてから二重を形成するので、半永久的に綺麗な二重が叶う、再び一重に戻ることがほぼない施術です。

2一部切開法・全切開法がおすすめの方

3一部切開法・全切開法の特徴・メリット

4一部切開法・全切開法の詳細

二重の方は、眼瞼挙筋(まぶたの開閉をコントロールする筋肉)の枝がまぶたの皮膚と一体化している状態です。そしてこの眼瞼挙筋によって瞼板(まぶたの皮膚の縁にある組織。眼瞼挙筋の収縮が起きると瞼板が持ち上げられて目が開きます)が持ち上がると、眼瞼挙筋の枝が引き込まれると同時に皮膚が折り重なり、二重のラインが作られます。

中央クリニックの切開法による、二重形成

糸で二重を固定する埋没法は手軽に二重が叶う一方、糸が緩むまたは切れる事が原因で一重に戻ってしまうケースがあります。対して当院の部分切開法と全切開法は、不必要な眼窩脂肪(全切開法は+皮膚とROOF)を除去してから二重を形成するので、半永久的に綺麗な二重が叶います。

部分切開とは

患者様が希望する二重幅のライン上を、メスで1~2cm程カットします。そして必要であればまぶたの眼窩脂肪(眼球が収まっている部位にある脂肪)を取り除いた後、眼瞼挙筋を瞼板に固定するように縫合して、眼瞼挙筋と瞼板を癒着させます。

一部切開法は、埋没法よりも二重をしっかり固定出来る上に、全切開法よりも短いダウンタイムと軽い傷跡ですむ、埋没法と全切開法のデメリットを解消した施術方法です。

傷跡とダウンタイム

部分切開法は局所麻酔を用いて行うので、施術時の痛みはありません。施術後3日間程腫れが生じますが、1週間程で徐々に収まり、1ヶ月程で完全に腫れがひくとご希望の二重が完成します。

目を閉じた際の黒目に当たる部分に、1~2cm(切開した分)程の傷跡が残りますが、二重のラインに隠れるため、間近で見ない限りは分からない程度です。傷口の経過が順調であれば、シャワーは当日、7日後に抜糸。コンタクトレンズは抜糸後から可能です。

全切開法

ご希望の二重ラインに沿って目頭から目尻まで全てにメスを入れた後、必要であれば眼窩脂肪、皮膚、ROOFを除去します。眼瞼挙筋を瞼板に固定するように縫合して、眼瞼挙筋と瞼板を癒着させます。

部分切開法が眼窩脂肪の除去を行うのに対して、全切開法は眼窩脂肪+皮膚のたるみとROOF(目の周りを覆っているドーナツ状の筋肉の下にある脂肪組織であり、目を腫れぼったく見せる要因となる脂肪)を除去する事が出来るので、部分切開では対応出来ない脂肪の厚い方やまぶたの皮膚がたるんでいる方、戻りやすい二重幅を希望する方まで、幅広いまぶたや二重の形に対応する事が可能です。

傷跡とダウンタイム

全切開法は局所麻酔を用いて行うので、施術時の痛みはありません。施術後は3日間程強い腫れが生じた後、1週間程で徐々に融和します。1ヶ月程して完全に腫れがひくとご希望の二重が完成します。ただし、まぶたの皮膚とROOFを除去した方に関しては、術後1週間程強い腫れが生じた後、2週間程で融和します。1.5ヶ月程で完全に落ち着きます。

全切開法の施術直後は、目を閉じた際の目頭から目尻の二重部分に傷跡が残ります。しかし、傷跡範囲が広くても二重のラインに隠れるので、腫れが収まれば、ほぼ分からない程度にきれいな目元に仕上がります。傷口の経過が順調であれば、シャワーは当日、7日後に抜糸、コンタクトレンズは抜糸後から可能です。

5一部切開法・全切開法の施術の流れ

料金表
無料カウンセリングのご予約・ご相談

全国の中央クリニック

top

治療に関する不安やお悩み
まずはお気軽にお問い合わせください

0120-472-332受付 9:30~19:00

受付 9:30~19:00・土日祝も開院(携帯からもOK)

ご予約・ご相談