眼瞼下垂 切開術

このエントリーをはてなブックマークに追加

眼瞼下垂 切開術

1眼瞼下垂 切開術とは

shutterstock_245851066

眼瞼下垂が進行すると皮膚が下に垂れ下がり、黒目を覆ってしまいます。それに伴い「おでこにシワが出来る」「上まぶたの上に窪みが出来る」「肩こりと首こりが酷くなる」という3つのデメリットが生じます。

中央クリニックではこうした進行が進んだ眼瞼下垂に対して、伸びて緩んでいる眼瞼挙筋を短くしてからまぶたに固定する事で、まぶたを開きやすくすると共に上記3つの悩みを解消致します。

眼瞼下垂の原因を根本的に解決するので、切らない眼瞼下垂術では難しい、進行の進んだ眼瞼下垂の方、まぶたのたるみが酷い方もしっかり改善する事が出来る、半永久的に効果がある優れた施術方法です。

2眼瞼下垂切開術がおすすめの方

3眼瞼下垂切開術の特徴・メリット

4眼瞼下垂切開術の詳細

正常な目は、眼瞼挙筋(まぶたを持ち上げる筋肉)、ミューラー筋(まぶたを開ける筋肉の裏にある、眼瞼挙筋と瞼板を繋ぐ筋肉)、まぶたが互いに繋がり一体化している状態であり、眼瞼挙筋とミューラー筋が収縮する事でまぶたが引き上がり、目が開閉されます。

しかし、老化や長期間のコンタクトレンズ使用等が原因で眼瞼挙筋が緩むまたは断裂すると、筋肉の収縮が上手に出来ずに目を開けづらくなってしまいます。

そして進行すると、眼瞼挙筋が後ろに引っ張られて後退、その隙間に目の皮下組織が落ち込んで窪みが生じます。さらに進行すると、皮膚が下に垂れ下がり、黒目を覆ってしまいます。この進行性の症状を眼瞼下垂といいます。

そのため眼瞼下垂は、

上記4つの特徴が現れます。

中央クリニックによる、メスを使った眼瞼下垂治療について

中央クリニックのメスを使った眼瞼下垂治療は、上まぶたの皮膚を切開した後、眼瞼挙筋(目を開ける筋肉)の表面にある挙筋腱膜を瞼板の上に固定します。

この時に伸びて緩んでいる眼瞼挙筋をメスで切除してから縫い付ける事で、眼瞼下垂の原因となる眼瞼挙筋の緩みや断裂を確実に修正。再び眼瞼挙筋とミューラー筋をしっかり収縮させて、まぶたを開きやすくします。

その結果、眼瞼下垂によるまぶたの開きが改善すると共に「黒目がしっかり見える」「目元の窪みが無くなる」「おでこのシワが薄くなる」「肩こりと首こりの融和」がされて、以前よりも健康で若々しい顔が叶う、アンチエイジング効果も得られる施術です。

切る眼瞼下垂術のメリットについて

当院での切る眼瞼下垂術は、伸びてしまった眼瞼挙筋を短くしてから固定する、原因を根本的に解決する施術なので、施術後に元に戻る事はありません。また、メスを使って余分な皮膚たるみや長くなった眼瞼挙筋をしっかり切除出来るので、切らない眼瞼下垂術では難しい、進行の進んだ眼瞼下垂の方、まぶたのたるみが酷い方の治療が可能です。

特にまぶたのたるみが酷い方に関しては、伸びた筋肉をそのまま止める埋没法ではまぶたが厚ぼったくなる上、糸が緩んで元に戻ってしまう可能性があるので、切る眼瞼下垂を強く推奨致します。

ダウンタイム

当院の切る眼瞼下垂施術は、局所麻酔を用いて行うため、施術中の痛みはありません。術後に麻酔が切れるとジンジンとした痛みが生じますが、処方した痛み止めを服用いただく事で融和されます。3日程で落ち着きます。

また、施術後1週間程、腫れた状態になりますが、時間の経過と共に症状は収まり1~2週間程でほとんど分からない程度まで腫れは収まります。傷口の経過が順調であれば、翌日からシャワー(目元は濡らさない)、7日後に抜糸します。抜糸後から運動とコンタクトレンズのご使用が可能です。

5切る眼瞼下垂術の流れ

料金表
無料カウンセリングのご予約・ご相談

全国の中央クリニック

top

治療に関する不安やお悩み
まずはお気軽にお問い合わせください

0120-472-332受付 9:30~19:00

受付 9:30~19:00・土日祝も開院(携帯からもOK)

ご予約・ご相談