「男性の薄毛は治らない」そう思っていませんか?抜け毛が増える、地肌が目立つ、全体のボリュームが減る…このような変化を放置していると、薄毛や抜け毛の症状は進行してしまいます。

男性の薄毛は遺伝による影響が大きい症状であることから、かつては治療による改善が難しいと考えられていました。しかし、現在では医学の発達によってAGA (男性型脱毛症)の症状は改善させることができるようになったのです。

中央クリニックでは薄毛や AGA の治療方法として内服薬や外用薬の処方のほか、より積極的に薄毛の原因にアプローチするHARG療法や再生医療といった方法をご用意しています。

遺伝だからと諦めてしまう前に、医療機関だからこそできる根拠のある治療を試してみませんか?

01中央クリニックの薄毛・AGA治療が選ばれる理由

一見、同じように見える薄毛の症状も、原因は遺伝や加齢、ストレス、栄養不足、不規則な生活などさまざまです。老化による薄毛は誰にでも起こる可能性がありますが、その他の原因による抜け毛は10代、20代の方でも悩まされることがあります。

老化による薄毛は毛根そのものが衰え、発毛する力が弱まることで起こるもの。しかしその他の原因で起こる抜け毛は、発毛機能そのものではなく「毛髪が成長する機能」が弱まっていることで起きています。

言ってみれば、本格的な毛根の老化が始まる前に薄毛や抜け毛の治療を始めれば、十分に改善の見込みがあるということ。中央クリニックでは薄毛の状態を診察し、症状や進行具合、患者様の体質、年齢などによって最適な治療をご提案いたします。

薄毛や抜け毛治療のなかには継続が前提となるものもありますが、ご予算をお伺いした上で無理のない治療プランを提示いたしますので、ご安心ください。治療方法や回数、必要な治療期間、料金などを詳しくご説明させていただき、患者様がご納得いただいたタイミングで治療開始となります。

中央クリニックでは、無理に契約をおすすめしたり、より高額な治療をご案内するようなことは一切ございません。どんな治療方法があるのか興味があるという方はお気軽にご相談ください。

02AGAについて

AGAとは?

AGA(エージーエー)とは思春期以降の男性にみられる薄毛の症状。額の生え際、頭頂部のいずれかまたは両方から薄毛が進行していく「男性型脱毛症」の症状をこう呼んでいます。

AGAの原因は遺伝の影響によるものが大きいと言われていますが、何らかの原因で男性ホルモンのバランスが乱れ、それがきっかけになる例も認められています。また、生活習慣や嗜好、ストレスなどによって症状が悪化したり、進行しやすくなることも少なくありません。

AGAのセルフチェック方法

抜け毛が増え「もしかしたら、AGAかも?」と思ったら以下のポイントをチェックしてみてください。

  • 両親または祖父母のいずれかに薄毛の人がいる
  • 以前より抜け毛が増えた
  • 額の生え際、頭頂部、あるいはその両方から薄毛が始まった
  • 抜け毛の中に細い毛や短い毛、柔らかい毛が増えた
  • ボリュームが減ってスタイリングに時間がかかるようになった
  • ストレスが多い生活を送っている
  • 思春期以降に薄毛が始まった
  • 抜け毛が始まって以来、進行している気がする

当てはまる症状がいくつかある方は、一度中央クリニックの無料カウンセリングにてご相談ください。

AGAの原因

AGA の原因は男性ホルモンの一種、テストステロンが酵素によって変換された「DHT(ジヒドロテストステロン)」という物質にあります。このDHT が毛髪の「成長期」と呼ばれる期間を短くすることで毛髪が太く伸びる前に抜け落ち、全体的な薄毛に進行していくのです。

毛髪の毛周期(ヘアサイクル)は以下の3つに分かれています。

  • 成長期:毛母細胞が分裂し、発毛が起こり毛髪が成長する 通常2~6年
  • 退行期:毛球部分が退縮し、成長が止まり抜ける準備をはじめる 通常2週間程度
  • 休止期:毛球部分が完全に退化して、毛髪が抜け落ちる
  • AGAになると、通常2~6年かかる成長期が数か月~1年程度に短縮されていしまいます。抜け毛に短い毛や細い毛、柔らかい毛が増えたらAGAが始まっているのかもしれません。

    AGAと老化による薄毛の違い

    AGAが男性ホルモンが変換された DHT が原因で起こるのに対し、老化による薄毛は加齢によって毛根の細胞がもつ機能そのものが衰えたり、細胞が寿命を迎えて死ぬことで起こると考えられています。このようにして起こる薄毛は誰にでも起こる可能性があると言えるでしょう。

    反対にAGAだけが起きている段階では毛根の細胞そのものの機能はまだ衰えていません。しかし、青年期から壮年期にかけて起きたAGAをそのまま放っておくと、加齢による抜け毛が始まってしまう恐れがあります。

    毛根の細胞が本格的に衰えたり、死んでしまった段階で薄毛治療を行っても、ほとんど効果は期待できません。「AGA治療はできるだけ早い段階にスタートすることが肝心」と言われるもうひとつの理由はここにあるのです。

    03中央クリニックの薄毛・AGA治療の種類

    AGA は、早めに医療機関で適切な治療を始めることが進行を食い止めるカギとなります。

    AGA治療は継続していただくことが前提のものが多く、長期戦となります。中央クリニックでは、ご予算や患者様の体質などをお伺いし以下の治療方法の中から、無理なく続けられる治療プランをご提案いたします。

    内服薬

    • プロペシア
    • フィナステリド
    • ザガーロ
    • アボルブ
    • ミノキシジルタブレット など

    外用薬

    • ミノキシジル(ロゲイン)
    • ミノキシジル(リポゲイン)
    • ミノキシジル(エキュート) など

    メソセラピー療法

    • HARG療法
    • メドジェットを使用したHARG療法
    • ヘアフィラー

    その他の治療

    • PRP再生医療
    • リジェネラ
    • LED治療

    内服薬

    プロペシア(AGA治療薬純正品)

    フィナステリドは元々、前立腺肥大の治療薬として開発された成分。臨床試験中に抜け毛の減少や増毛効果が認められたことから、改めて AGA 治療薬としての治験が行われ1997年にアメリカでのFDA(アメリカ食品医薬品局)からAGA 治療薬としての認可を受けました。

    日本ではMSD 株式会社(旧万有製薬)が2005年に厚生労働省から製造販売承認を受け、国内で販売を開始しました。現在では多くの医療機関で採用され、AGAの標準的な治療方法のひとつとなっています。

    プロペシアの効果

    プロペシアの有効成分フィナステリドは男性ホルモンであるテストステロンを AGA の原因物質である DHT( ジヒドロテストステロン)に変換する酵素「5α還元酵素」の働きを阻害します。これによってDHTの生成が抑制され、毛周期は正常化。その結果、毛髪の成長期が長くなって太くしっかりと伸びるようになり、抜け毛や薄毛が改善されるのです。

    プロペシアの効果が実感できるまで

    毛髪の数ヶ月単位で毛周期と呼ばれるサイクルを繰り返しながら生え変わっています。そのためプロペシアに限らず AGA 治療の効果が実感できるには数ヶ月の期間を要します。
    プロペシアの場合、効果を確認できるまで1日1回の服用で3~6か月程度の期間が必要です。

    フィナステリド(AGA治療薬ジェネリック)

    プロペシアのジェネリック(後発医薬品)として販売されているのが、フィナステリド錠です。2015年にジェネリックとして販売開始され、現在ではファイザー製薬、沢井製薬、東和製薬をはじめ、多くの製薬会社から販売されています。

    ジェネリックというのは先発医薬品の特許期間が満了した後、効き目が同等であることを証明する試験を行った上で厚生労働省の承認を得て販売される医薬品です。そのため、フィナステリド錠もプロペシアと同等の効果があり、安全性についても問題はありません。

    効果や作用機序といった「薬が効くしくみ」も先発医薬品であるプロペシアと同等です。製薬会社によっては飲みやすさや使用感が改善し、販売している場合もあります。例えばフィナステリド錠のなかにはボトルタイプのものがありますが、これは「1粒1粒取り出すのが面倒」という声を反映している例と言えるでしょう。

    フィナステリド錠の購入は医療機関で

    中央クリニックでは安全性と効果が確認されている国内製薬会社のジェネリックを処方しています。しかし、インターネット上にはプロペシアのジェネリックと称した海外の医薬品を個人輸入できるサイトも存在しているようです。
    こうした医薬品の中には安全性や効果がはっきりしていないものも含まれています。効果がないだけであればともかく、健康被害が起こる製品が含まれている可能性もゼロではありません。
    また、個人輸入で購入した医薬品は健康被害が起きたとしても、副作用被害救済制度の対象外となります。プロペシアのジェネリックをご希望の方は必ず医療機関で処方してもらうようにしてください。

    ザガーロ(AGA治療薬純正品)

    ザガーロは有効成分デュタステリドを主成分とする イギリスの製薬会社GSK(グラクソスミスクライン )のAGA治療薬です。日本では2015年に厚生労働省の認可を受け、2016年から販売が開始されています。

    ザガーロの効果

    ザガーロの有効成分デュタステリドはフィナステリドと同様、5α還元酵素の作用を阻害します。では、フィナステリドとはどんな違いがあるのでしょうか。
    5α還元酵素には1型と2型、2つのタイプがあることが分かっています。フィナステリドはこのうち、2型の働きを抑えることしかできません。
    しかし、デュタステリドは1型、2型の両方の作用を阻害することができるのです。これによってザガーロはプロペシアよりも高い AGA の治療効果が期待できるとされています。そのため、最近ではプロペシアよりザガーロの方がAGA治療のスタンダードになりつつあります。
    ザガーロの効果が認められるまでの期間は約6か月。1日1回服用していただきます。

    ザガーロの安全性

    2016年から販売が開始された新しい治療薬であることから、安全性について心配される方がいらっしゃいますが、 実はザガーロは2009年に前立腺肥大治療薬として厚生労働省からの認可を受けています。前立腺肥大治療薬としては世界100か国以上の国で使用されていることから、安全性についてもないと問題がないと言えるでしょう。

    アボルブ(AGA治療薬カプセル)

    アボルブはザガーロと同じ有効成分、デュタステリドを主成分とした治療薬。2009年に「前立腺肥大治療薬」として日本の厚生労働省から認可を受けて販売されており、ザガーロの販売以前から使用されている薬ということになります。

    アボルブとザガーロの違い

    アボルブとザガーロは両方とも有効成分がデュタステリドであるだけではなく、ゼラチンやグリセリンをはじめとする添加物も同じです。そのため効果や作用機序も変わらず、ほぼ同じ医薬品であると考えていただいていいでしょう。
    ザガーロが 「AGA 治療薬」であるのに対し、ザガーロは「前立腺肥大治療薬」であることから、アボルブをAGA治療のために処方する際にはザガーロと同様、自由診療となることをご理解ください。

    ミノキシジルタブレット(内服薬)

    ミノキシジルタブレットは育毛剤などの外用薬に使用される有効成分ミノキシジルを使用した内服薬です。

    ミノキシジルタブレットの効果

    ミノキシジルの血管拡張作用によって頭皮の血流が改善。毛髪を作り出す毛母細胞の働きが活性化され、発毛を促し抜け毛を予防してくれます。
    元々、ミノキシジルは1960年代にアメリカで高血圧の治療薬として開発されました。その際に副作用として増毛効果が認められたことで、薄毛の治療薬としての治験がスタート。1980年代にアメリカの FDAによって認可を受け、外用薬として販売され今日に至ります。
    ミノキシジルタブレットはAGA だけではなく頭皮の血行不良が原因で起きている抜け毛や薄毛の対策にも効果を発揮します。また、フィナステリドのようにホルモンの作用に関与する成分ではないため、女性の薄毛治療にも効果的です。

    ミノキシジルタブレット服用の注意点

    ミノキシジルは高血圧の治療薬として創薬された背景があることから、血圧が高い患者様や高血圧の治療をしている方への処方ができないことがあります。また、血圧に問題のない患者様に処方する際も、血圧の変化がないか観察を行いながら、体質によって配合量を減らすなど慎重な対処が必要です。
    フィナステリド錠と同様、ミノキシジルタブレットも海外からの個人輸入サイトなどで購入できるようですが、医薬品の個人輸入は健康被害が起こる可能性があるため、おすすめしません。ミノキシジルタブレットの服用をお考えの方は必ず医療機関の診察を受けて処方してもらうようにしてください。

    外用薬

    ミノキシジル(外用薬)

    有効成分ミノキシジルを配合した外用薬です。育毛剤のようなローションタイプで頭皮に直接、塗布します。

    ミノキシジルは高血圧の治療薬としてアメリカで創薬されましたが、副作用として増毛効果が認められたため、薄毛治療薬としての臨床試験が行われるようになりました。
    その結果、1980年代にアメリカで外用薬が認可され、医学的に効果が認められた初の薄毛治療薬として注目を集めました。日本では1999年から販売が始まり、生活改善薬として幅広く親しまれていることは皆さんもよくご存知でしょう。

    ミノキシジル外用薬の効果

    ミノキシジルには局所の血管拡張作用があります。頭皮においては毛包に直接作用し、毛母細胞の分裂や毛髪のもととなるたんぱく質の合成を促進。発毛や育毛に効果を発揮します。
    フィナステリドが男性型脱毛症の治療薬であるのに対し、ミノキシジルは「壮年性脱毛症」の改善にも効果があるとされています。そのため、男性はもちろんのこと女性の薄毛治療にも使用できるのが特徴です。また、フィナステリドをはじめとする内服薬が使用できない患者様に処方することも多くなっています。
    使用方法は1日2回、頭皮に直接塗布するだけ。ミノキシジルの効果が現れるまでの期間には個人差がありますが、早い方では約3ヶ月で軽度の改善が見られるようになります。

    メソセラピー療法

    HARG療法

    HARG療法とは発毛機能を改善させる効果のある成分を直接、頭皮に注入することで薄毛を根本的に治療する方法です。毛髪再生医療のひとつで、医学的根拠に基づいた効果が認められた優れた治療方法でもあります。

    HARG療法の効果

    HARG 療法で使用される「HARGカクテル」には幹細胞から抽出された150種類以上の成長因子やビタミンB、ブフロメシル、システィンといった発毛と健康な毛髪の成長に欠かせない成分が配合されています。これらの有効成分を頭皮に直接、注入することで毛母細胞が若返り、発毛作用そのものを促進。薄毛を根本的に治療することができるのです。
    HARG治療は内服薬や外用薬で効果が見られない方におすすめしていますが、フィナステリドやミノキシジルと HARG 療法の併用することで、より優れた治療効果が現れる患者様もいらっしゃいます。また治療を受けた方のほとんどが、その効果を実感しているという画期的な治療でもあります。

    HARG療法の特徴

    効果を実感するまでの期間が早く、持続するという点もHARG療法の特徴です。個人差があるものの、早い方では2~3カ月で変化を実感していただくこことができます。
    さらに HARG カクテルに含まれる幹細胞は注入された後も自ら成長因子を分泌し続けるという特徴があります。そのため、4~6回の治療を終えた後は年に1、2回のメンテナンスで十分効果を維持することが可能です。

    メドジェットを使用したHARG療法

    優れた薄毛治療効果をもたらす HARG 療法ですが、注射器を使って頭皮に直接注入することから、治療時の痛みがデメリットとしてありました。患者様の中には痛みの強さや、頭皮に注射するという恐怖感から治療を決めかねるという方もいらっしゃいます。

    HARG療法を行うクリニックの中には、この痛みを緩和するため、ダーマローラーなどを使ってHARGカクテルを注入するところもあるようです。しかし、この方法では有効成分を毛根まで浸透させることが難しく、当然期待できる効果も得られなくなってしまうでしょう。

    中央クリニックではHARG治療の効果を損なうことなく、治療時の痛みを軽減させるため、針を使用しないノンニードルの治療器・MEDJET(メドジェット)を導入しています。

    MEDJETのノンニードルHARG浸透注入療法

    メドジェットでは炭酸ガスの高圧噴射によって蚊の針の約半分の細さである30ミクロン(0.03mm)の穴からHARGカクテルを頭皮に散布、浸透させていきます。注射器で注入する方法と比較すると、痛みは約70%軽減。麻酔なしで治療を受けていただくことが可能です。
    また、メドジェットを使用することで有効成分をムラなく均等に頭皮に注入することができます。患部を消毒したあとは短時間で注入できるため、注射による HARG 療法と比べて施術時間が短縮されたのも大きなメリットと言えるでしょう。

    ヘアフィラー

    ヘアフィラーとは毛髪再生医療を用いた治療方法です。特許を取得した3種類を含む7種類のペプチドを頭皮に注入することで発毛を促し、健康で丈夫な毛髪に成長させていきます。 AGA(男性型脱毛症)だけではなく、ストレスが原因の円形脱毛症や女性の薄毛の改善にも優れた効果を発揮する方法です。

    ヘアフィラーの効果

    ペプチドとは2つ以上のアミノ酸が結合した成分。ヘアフィラーに配合されているペプチドには以下の効果が期待できます。

    • AGAの進行を抑える(抜け毛予防)
    • 頭皮の血行改善(抜け毛予防、発毛、育毛)
    • 毛母細胞の増殖を促進(発毛)
    • 毛包、毛乳頭の再生、新生促進(発毛)
    • 毛包、毛乳頭の死滅抑制(発毛)
    • ケラチンの増殖(育毛)

    このようにヘアフィラーは発毛、育毛、抜け毛予防の3つに同時にアプローチすることができる治療方法です。また、白髪の発生を抑える作用も期待できます。
    治療は2週間に1回、4回の施術が目安。臨床実験では4回の施術を受けた被験者の毛髪の量、太さが約20%アップしたという報告がされています。
    ヘアフィラーは持病の治療をされているなどで内服薬の服用が難しい方や内服薬、外用薬の効果が現れないという方にもおすすめです。

    ヘアフィラーの治療方法

    ヘアフィラーでは髪の毛よりも細い、極細の注射針を使って薬剤を頭皮に直接注入していきます。非常に細い針なのでほとんど痛みは感じませんが、ご要望に応じて麻酔クリームを使用することもできます。お気軽にお申し付けください。

    ヘアフィラーはこのような方に向いています
    • フィナステリドやデュタステリドの服用に抵抗がある方
    • 内服薬の効果が現れない方
    • より早く効果を実感したい方

    LED治療

    肌のアンチエイジング治療にも用いられるLEDライトを用いて、毛母細胞の発達を促す治療方法。中央クリニックでは、HARG療法などの治療と合わせて受けていただくこともあります。

    LEDライト治療の効果

    高輝度LEDの光を頭皮に照射することで、毛乳頭部分にある毛母細胞の発達を促し、発毛を阻害する因子を抑制します。レーザーや光治療などと異なり、高輝度の赤いLEDライトは、組織にダメージを与えることなく細胞を活性化させる作用がある光。同時に血行が促進されるので、頭皮表面のトラブルを改善する効果も期待できる治療方法です。

    LEDライト治療の流れ

    治療は20分間、ほんのり温かいLEDライトを照射するだけ。LEDライト治療は HARG療法と合わせて行うことで相乗効果が期待できます。

    04施術の流れ

    STEP1お電話・メールでご予約

    お電話またはメールでカウンセリングをご予約をお願いいたします。
    当院は完全予約制となっており、プライバシー厳守により待合室も仕切られているので、他の患者さまと顔を合わせないように配慮しております。

    STEP2カウンセリング・診察

    患者さまのご要望やお悩みをカウンセラーがお伺いいたします。

    また、院長が患者さまの施術内容について、しっかりと納得していただけるまで丁寧にご説明します。
    美容医療について間違った知識をお持ちの方も多い為、 医療機関である当院での治療について丁寧にご説明いたします。

    STEP3費用のご案内・お支払い手続き

    院長の診断結果と申し送り内容に基づきカウンセラーが施術内容や費用等を詳しくご説明します。
    現金の他、クレジットカードや分割払い(医療ローン)でのお支払いも承っています。

    STEP4施術

    最新の医療機器が整った完全個室の施術室で、院長・看護師が施術をいたします。
    手術室は、衛生管理や安全面に細心の注意を行っています。

    STEP5アフターケア

    施術後には、治療後の過ごし方やアフターケアについてご案内いたします。
    ご不安なことがあれば、いつでもご相談や診察を承ります。

    05薄毛・AGA治療に関するよくある質問

    治療をやめてしまうと元に戻ってしまいますか?
    治療方法によって異なります。
    フィナステリドやデュタステリドなどの内服薬は服用をやめると抜け毛が再開し、薄毛も進行してしまいます。これに対し HARG 療法はワンクール(6回)の施術を終えた後は、1年に1,2回のメンテナンスで効果を維持することが可能です。詳しくは無料カウンセリングでお尋ねください。
    効果がでるまでどのくらいかかりますか?
    治療方法によって異なり、個人差があります。
    毛髪は数年単位の毛周期を繰り返しながら生え変わっているため、効果を実感できるまでにある程度の期間が必要です。外用薬や内服薬単体の治療では最短でも6か月程度かかると考えておけばいいでしょう。
    ただし、HARG治療やヘアフィラーなど3カ月程度で効果が現れる治療もあります。また、AGAであるか、ストレスなどによる血行不良による抜け毛かなど、抜け毛の原因によって効果が現れるまでの期間が異なる場合もあるので、詳しくは無料カウンセリングにて医師にお尋ねください。
    まだ20代ですが薄毛・抜け毛に悩んでいますが、治療は早いですか?
    治療を始めるのに早すぎることはありません。
    最近では20代の方はもちろん、10代の患者様もいらっしゃいます。また、お子様の薄毛がいじめや登校拒否の原因になるのでは?と心配されたご両親が先にカウンセリングに来られるケースも少なくありません。
    抜け毛の症状、特にAGAは進行性の症状で放置しておくと抜け毛が増え続け、薄毛の症状も進行してしまいます。AGAの治療は早期開始がカギになります。気になる症状が出たら「まだ、若いから」と放置せず、お早めにご相談ください。
    他医院の薄毛治療で効果を実感できませんでしたが、治療は可能でしょうか?
    もちろん可能です。
    まずはどのような治療を受けてこられたかお聞かせください。その上で毛髪や頭皮の状態、患者様の体質を確認し最適の治療方法をご提案いたします。
    カウンセリング時に無理に治療を勧められませんか?
    無理に治療の開始や契約を勧めることは絶対にありません。
    中央クリニックではカウンセリング当日に無理に契約を勧めたり「この価格で治療できるのは今日だけ」というような、勧誘も行っておりおりません。
    無料カウンセリングでは、患者様にあった治療をご説明いたしますので、どうぞじっくりとご検討ください。高額な料金の治療を検討する場合、懸念点がなくなりご納得されるまでご検討されることをお勧めします。治療方法、治療期間、回数、料金などにご納得いただいたタイミングで治療をスタートすれば、後悔することも少ないのではないでしょうか。

    ご予約・お問い合わせはご気軽にご連絡ください

    0120-472-332 電話する 0120-472-332

    [受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院