周囲の人に相談しづらい、デリケートな問題である男性器の悩み。コンプレックスの原因になりやすいものの、医療機関で相談するのは恥ずかしいと考えていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

中央クリニックの男性器治療は完全予約制、プライバシーを重視したカウンセリングからスタートします。お話を伺うのはもちろん男性医師。 治療実績の多い経験豊富な形成外科医が患者様のお悩みに真摯に向き合っていきます。

気になるコンプレックスが解消されれば、自分に自信が持てるようになります。あなたも中央クリニックの男性器治療でいきいきとした毎日を取り戻してみませんか?

01中央クリニックの男性器の悩み治療が選ばれる理由

「見た目を整えたい」
「パワーアップしたい」
「より性感を高めて、パートナーを満足させたい」
「気になる症状がある」

このように、ひとことで男性器のお悩みといっても、どんな点が気になるかは患者様お一人おひとり異なります。人に相談できないコンプレックスを抱えていらっしゃる方もいれば、ほんの少し魅力を高めたいという方もいらっしゃるでしょう。

中央クリニックでは男性器に関する幅広いお悩みを解消する治療方法を取り揃え、患者様のご要望にお応えします。

まずは気になるお悩みを無料カウンセリングでご相談ください。男性の専門医がご希望やご予算に応じて最適な治療方法をご提案いたします。その上で治療内容や料金を十分にご検討いただき、ご納得いただけたタイミングで治療をお受けください。

中央クリニックでは、即日治療をお勧めしたり、 カウンセラーが診察結果に沿わない高額の治療をご案内することはありません。

明確な料金体系と充実したアフターフォロー

治療に必要な費用は表示されている施術料金のみ。それ以外は一切かかりません。万が一、術後気になる症状が出ても、再診料やアフターケアに必要なお薬代も全て施術料金に含まれています。

02中央クリニックの男性器の悩み治療の種類

中央クリニックでは、豊富な男性器治療方法をご用意しています。具体的にどんな治療を受けたらいいのか分からないという方には、症状をご説明した上で、必要となる治療方法をご案内いたしますので、ご安心ください。

コンプレックスを解消する治療

  • 包茎治療
  • 早漏治療
  • ED(勃起不全)治療

ペニス増大治療

  • 亀頭増大、強化
  • 陰茎増大治療
  • 長茎手術
  • シリコンボール挿入

その他の治療

  • パイプカット治療
  • 性感染症(STD・性病)治療
  • 亀頭周囲のブツブツ除去

コンプレックスを解消する治療

包茎治療

大人になっても亀頭が包皮で覆われている状態が「包茎」です。包茎は症状や程度によって以下の3つの種類に分類することができます。ご自分がどのタイプの包茎か分からないという方はカウンセリングでご説明いたしますので、ご安心ください。適切な包茎治療を受けることで、見た目がよくなり衛生環境が向上、早漏も改善されます。

仮性包茎

平常時は亀頭が包皮に覆われているものの、手でめくれば亀頭を露出させることができるタイプが「仮性包茎」です。
勃起時には包皮がめくれるため、痛みや大きな支障はありませんが包皮部分に汚れや垢が溜まりやすい、見た目が良くないといった欠点があります。日本人男性の7~8割が包茎であると言われていますが、そのほとんどが仮性包茎です。

真性包茎

平常時だけではなく、勃起時も亀頭が包皮に覆われているのが「真性包茎」です。亀頭と包皮が癒着しているため手でめくっても亀頭を露出させることができません。
真性包茎では常に亀頭が包皮に覆われているため恥垢が溜まりやすく、悪臭を引き起こしたり炎症の原因になることも。勃起や性交渉に支障が出るだけではなく、常に亀頭が包皮で覆われていることで、亀頭の成長を妨げる場合があるため、早めの治療をおすすめしています。

カントン包茎

包皮の開口部分が狭く、亀頭が締め付けられているのが「カントン(嵌頓)包茎」です。平常時でも手でめくれば亀頭を露出させることができますが、 無理にめくると腫れや痛みが起こって包皮を元に戻せなくなることがあります。
カントン包茎の場合、勃起には痛みを伴い、性交渉の際に包皮が裂けて強い痛みが起こるあことも。亀頭部に炎症を起こす「亀頭包皮炎」という症状につながる場合もあり、早期の治療が勧められます。
最も注意していただきたいのが、カントン包茎特有の腫れです。手で無理に包皮を剥いて放置すると、亀頭と陰茎の間がドーナツ状に腫れることがあります。痛みを伴う症状ですが、恥ずかしくてそのまま放置してしまうという方がまれにいらっしゃいます。最悪の場合、血流が低下して包皮が壊死を起こすことがあるため、早急に手術が必要です。

中央クリニックの包茎治療

包茎治療にはいくつかの方法がありますが、中央クリニックでは「亀頭直下埋没法」という方法で手術を行います。この方法は機能面の改善はもちろん、自然な見た目と美しさにこだわった方法です。
この方法では、まず勃起時の長さを想定し切除する包皮を計測します。平常時には包皮がかぶらず、また勃起した際に包皮が足りなくなることがないよう的確なデザインを決定。その上で包皮の「内板」と呼ばれる粘膜部分を取り去り、亀頭のすぐ下でていねいに縫合します。
内板部分は陰茎部の包皮と比較して、色素沈着が薄いのが特徴です。従来のクランプ法と呼ばれる方法では、この内板部分の包皮が多く残るため術後、陰茎全体を見たときに傷を境目にして色がくっきりと分かれ、いわゆる「ツートンカラー」になるのがデメリットでした。
亀頭直下埋没法は中央クリニックが学会で発表し、現在では多くのクリニックで採用されるようになった方法です。切開が不要、糸で留めるだけの方法なので、治療時間は20分程度、痛みや出血はほとんどなく入院の必要もありません。

早漏治療

亀頭部分の敏感さを和らげることで早漏を改善する治療です。包茎治療と同時に受けることで相乗効果が期待できます。

高分子ヒアルロン酸注入

亀頭部分に高分子ヒアルロン酸を注入することでハリと弾力を向上させます。外部からの刺激に強くなり、持続時間がアップ。さらに亀頭部分が大きくなってペニスのパワーアップを図ることが可能です。
高分子ヒアルロン酸注入を行うことで、軽度の包茎を改善させることができるケースもあります。治療時間は10分程度と短く、1週間後から性交渉が可能です。

小帯切除術

陰茎の裏側と亀頭の包皮をつなぐ筋状の組織「包皮小帯」の皮膚を切除する治療です。包皮小帯は「裏筋」とも呼ばれ、亀頭と並んで敏感な部分。包皮小帯の皮膚を部分的に切除することで刺激に強いペニスになるため、早漏を防ぐことができます。
中央クリニックでは高い技術を持つ医師のみが執刀いたしますので、目立つ傷跡が残ることはありません。また、勃起時に引きつれが起こることがないよう切除する皮膚の量を正しく計測し、自然なデザインに仕上げます。治療時間は10分程度、包茎治療と同時に受けることも可能です。

バイオアルカミド(パフォーム)

体内に吸収されにくく、長期間持続するフィラー(充てん剤)である 無色透明のジェルバイオアルカミド(パフォーム)を注入して、亀頭部分を強化する方法。世界20か国以上で使用されており、安全性の試験も通過した素材です。
注入されたあと、バイオアルカミド(パフォーム)の周りには被膜が形成されカプセルで包まれたような状態になります。よって周囲に流れ出し、吸収されることがほぼありません。

ED(勃起不全)治療

性交渉の際に勃起しない、または勃起が不十分であったり維持できないことで満足な性交渉が行えない状態を「勃起不全(ED=Erectile Dysfunction)」と呼んでいます。

中央クリニックではEDの治療方法として内服薬の処方しているほか、 血管性EDを根本治療できる治療器を導入。体質によって内服薬での ED 治療ができない方や、内服薬を飲み続けることに抵抗のある患者様のお悩みを解消するサポートをさせていただきます。

内服薬による治療

内服薬による治療はバイアグラ、レビトラ、シアリスといった血管拡張作用のある治療薬を処方します。短時間でしっかりと作用するタイプ、比較的長時間じわじわと効果が続くタイプなどご要望や患者様の体質に合わせて最適なものをご提案いたします。

【中央クリニック取扱い内服薬】

  • バイアグラ(25mg)
  • バイアグラ (50mg)
  • バイアグラ(ジェネリック:キッセイ錠 50mg)
  • レビトラ(5mg)
  • レビトラ(10mg)
  • レビトラ(20mg)
  • シアリス(10mg)
  • シアリス(20mg)

※院により、取扱の内服薬が異なります。詳細はお近くの中央クリニックまでご確認ください。

EDの根本治療

低出力体外衝撃波治療機を用いて根治を目指す治療方法です。低いレベルの衝撃波を幹部に一定時間照射することで患部と周囲の血管新生(血管が新しくできる作用)を促し、血流を正常化します。これによって自然な勃起が起こるよう誘発され血行障害によるEDを改善することが可能です。
内服薬のような一時的な効果ではなく、EDの原因を根本から解決できるとして注目を集めている治療です。治療中の持病があるなどの理由で内服薬を服用できない方や内服薬の効果を実感しにくい方にもおすすめしています。
治療時間は15~20分程度。痛みはほとんどありません。個人差がありますが、1~2回の治療で変化を実感できる方がほとんどです。中央クリニックでは以下3種類の治療器をご用意し、費用や治療回数、患者様の症状などに合わせて最適な方法をご提案いたします。

【中央クリニック取扱いED根本治療機】

  • ED1000
  • ED-MAX
  • RENOVA

※院により、取扱の医療機器が異なります。詳細はお近くの中央クリニックまでご確認ください。

ペニス増大治療

亀頭増大・強化治療

亀頭のカリ部分を中心にフィラー(充てん剤)を注入し、亀頭を大きくする治療です。見た目のパワーアップができるのはもちろん、亀頭のハリが増して外部からの刺激に強くなることで、早漏防止にもつながります。さらにカリ部分が増大することで、パートナーへ与えられる刺激が高まるというメリットも。

また、包茎などが原因のいわゆる「先細りペニス」を改善し、理想のバランスのペニスに仕上げることができます。局所麻酔を使用して注射器で注入するだけなので、治療時間はいずれも15分程度。包茎治療など他の治療と合わせて受けることも可能です。

ヒアルロン酸注入

安全性の高いヒアルロン酸を亀頭部分に注入する方法。体にもともと存在する成分であるため安全性が高いことがメリットですが、感触が柔らかく吸収されやすいというデメリットがあります。

高分子ヒアルロン酸注入

吸収されにくい、分子の大きいヒアルロン酸を注入する方法です。亀頭部分を大きくするだけではなく、ハリがアップするため早漏防止効果にもつながります。
高分子ヒアルロン酸は硬度がある素材だけに誤った位置に注入すると、見た目が不自然になってしまうことも。どの部分にどのくらい注入するか、的確な量を見極め、高い注入技術をもつ医師が治療を行う必要があります。

エランセ注入

エランセはPCL(ポリカプロラクトン)という医療用吸収糸と同じ素材のパウダーからなる充てん剤です。
エランセそのもので亀頭部分の増大を図ることができるほか、注入後、周囲のコラーゲン生成が促されるため、持続期間が長いという特徴があります。最終的には100%吸収されるため、異物が残る心配はありません。

アクミド

高分子で吸収されにくいポリアクリルマイド2.5%と水分97.5%で構成されるジェルが開くアクミドです。複数回注入することで、非吸収成分が蓄積され持続期間がより長くなり半永久的な効果が期待できます。アレルギーテストの必要がない安全性が確認された素材です。

バイオアルカミド(パフォーム)

体内に吸収されにくい無色透明のジェル、バイオアルカミド(パフォーム)を注入する治療方法。注入後、周囲に膜が形成されるため体内に長期間残存できる素材です。

陰茎増大治療

「サオ」と呼ばれる陰茎部分に充てん剤を注入して、太さを出す治療です。勃起時はもちろん、平常時もペニスが太くなることで、ペニスの逞しさが増し見た目が改善されます。性交渉時のパワーアップにもつながり、男性としての自信を高めてくれるでしょう。

陰茎増大治療は単独で行うと、亀頭部分とのバランスが悪くなることがあります。そのため、当院では陰茎増大治療と亀頭増大治療と合わせて行い、ペニス全体の見た目を整える方法をおすすめすることがあります。使用する素材や量は状態やご年齢などを考慮し、慎重に選択いたしますので、ご安心ください。

ヒアルロン酸注入

体内にもともとある成分で、アレルギー反応などを起こす心配がないヒアルロン酸を注入する方法です。最終的に吸収されるため、異物が残る心配はありません。手軽にペニスのパワーアップを図りたい方におすすめしています。

高分子ヒアルロン酸注入

吸収されにくい、分子の大きいヒアルロン酸を注入する治療方法。 アレルギーテストの必要がないため、カウンセリング後当日に治療を行うことが可能です。 陰茎全体にバランスよく注入することで、生まれつき太さのあるペニスのように見せることができます。

エランセ注入

手術用の糸にも使われる吸収性の素材でできた注入材がエランセです。しわの治療などにも用いられる素材で、注入後、周囲のコラーゲン生成を高めるという特徴があります。ヒアルロン酸と比較すると持続期間が長い素材ですが、最終的には100%溶けてなくなるため異物が体内に残る心配がありません。

脂肪注入

患者様ご自身の体から採取した脂肪を陰茎全体にバランスよく注入する方法です。安全性に問題がないことはもちろん、手触りや見た目も自然。定着した分に関しては、半永久的な増大効果が期待できます。脂肪が気になる部分を同時に解消できるというメリットも。ヒアルロン酸注入に抵抗がある方にも適しています。治療時間は1時間程度です。

マクロヒアルロン酸

分子が大きく、より硬度のあるマクロヒアルロン酸を注入する治療方法。豊胸や隆鼻術にも使用される素材で、自然な硬度とハリがあります。持続期間は2年程度です。

長茎手術

短いペニスにお悩みの方に適した治療です。体内に埋もれている部分の陰茎を引き出すことでコンプレックスを解消、ペニスのグレードアップを図ります。性機能に影響することは一切ありません。

中央クリニックでは、カウンセリング時にペニスの機能や靭帯、筋膜などの構造や治療方法についてご納得いただけるまで、分かりやすく説明いたします。ご不明な点があればどんなことでもお尋ねください。

埋没法(埋没部露出術)

陰茎には体のなかに隠れている部分があります。この部分を露出させることで陰茎の長さを最大で2~5cm長くすることが可能です。埋没法では切開をせずに、陰茎を引き出した状態で靭帯に糸で固定し、糸を体内に埋め込みます。陰茎が伸びることで、包皮が根元方向に引っ張られるため、軽度の包茎が解消するケースもあります。

切開法

根元部分を切開し、陰茎を引き出した状態で靭帯と包皮の内側にある筋膜を固定します。後戻りが少なく、効果は半永久的。傷跡は陰毛部分に隠れるので目立ちません。確実で持続する効果をご希望の方におすすめです。

下腹部脂肪吸引

下腹部についた脂肪に陰茎が埋もれることでペニスが短く見えることがあります。この手術では脂肪吸引術により、脂肪を除去し埋もれていた陰茎を露出させることで見た目の長さをアップさせます。埋没法と合わせて行うことで、すっきりと長さのあるペニスに仕上げることも可能です。

シリコンボール挿入

陰茎にシリコン製のボールを挿入することで、パートナーの刺激を高める治療です。より女性を喜ばせたい方や、夫婦生活のマンネリを打破したい方、質の高いセックスライフを求める方に最適と言えるでしょう。

患者様のご要望に応じて、挿入する位置や量を決めていきますが、女性側の負担にならないよう配慮することも大切です。また、通常時に見た目の違和感が出ないように自然に仕上げることもポイントになります。

中央クリニックでは、男性器治療の経験が豊富な医師がご要望を踏まえて患者様に最適なシリコンボールの大きさや形、数、位置をご提案いたします。初めてで不安という方も、是非一度ご相談ください。

シリコンボールの形、大きさ

① 楕円タイプ

高さが低い楕円タイプは女性に刺激を与えることができます。 平常時はシリコンボールが目立ちません。

  • SS(楕円4㎜×6㎜)
  • S(楕円4㎜×8㎜)
  • M(楕円6㎜×8㎜)
  • L(楕円6㎜×9㎜)
  • LL(楕円6㎜×10㎜)

② 球状タイプ

高さが出るため、より強い刺激を与えることができます。平常時にもシリコンボールが入っていることをアピールしたい方に。

  • 8㎜(球)
  • 8㎜(ソフト定着タイプ・球)
  • 6㎜×9㎜(ソフト定着タイプ・楕円)
シリコンリング

陰茎部にリング状のシリコン素材を挿入する方法。見た目はシリコンボールが並んだような状態に。より強い刺激をお求めの方に最適です。陰茎が太くたくましく見えるというメリットもあります。

シリコンボール除去(当院・他院)

位置が気に入らない、違和感がある、パートナーが変わってシリコンボールを除去したいというご要望にもお応えするため、シリコンボールの除去も行っています。他院で入れたシリコンボールに関するお悩みも、ご相談ください。

その他の治療

パイプカット治療

パイプカットは男性の避妊手術です。医学的には「精管結紮(せいかんけっさつ)」と呼ばれ、精子をペニスに送り出す精管を切除することで確実な避妊につながります。精液に精子が含まれなくなるだけで、射精感や勃起力に影響がでる恐れはありません。

パイプカットは家族計画のためにきちんと避妊したいという方のほか、中高年以降でコンドームを使用せずに性交渉を楽しみたい方、パートナーがコンドームをつけると痛がるという方などにも人気があります。

ただし、一度パイプカットの治療を受けると100%機能を回復させることができなくなります。 パートナーの方に相談されたうえで、治療を受けていただくようおすすめいたします。

性感染症(STD・性病)治療

性行為を通じて感染する病気を「STD – Sexually Transmitted Disease」と呼んでいます。粘膜を通じて感染するため、いわゆる「本番」だけではなく、オーラルセックスや素股と呼ばれる行為でも感染することがあります。

性感染症は本人の問題となるだけではなく、大切なパートナーに知らず知らずのうちに感染させてしまう恐れがある疾患です。また、感染が分かった場合、パートナーの方と一緒に治療を受けなければ、お互いへの感染を繰り返す「ピンポン感染」を起こすことが考えられます。

中央クリニックではプライバシーを厳守したカウンセリングを行っております。不特定多数の相手と性交渉を行う方や風俗へ行く機会の多い方は、痛みやかゆみ、残尿感など「おかしいな?」という症状があれば、お早めにご相談いただくことをおすすめします。

淋病・クラジミア

排尿痛や残尿感、不快感やヒリヒリするような灼熱感がでる症状です。 淋菌やクラミジア トラコマチスという病原体に感染することで起こります。いずれも1~2週間の抗生剤の投与または点滴で治療可能です。

カンジダ性亀頭炎

亀頭部分に炎症やかゆみ、赤い斑点などができる症状です。排尿時に痛みを伴うこともあります。 常在菌の一種である真菌が原因で起こる症状で、免疫力が低下した時などに発症しやすいです。 1~2週間軟膏を塗布することで治療できます。

尖圭(せんけい)コンジローム

周辺にぶつぶつができる症状です。イボ状の突起物がカリフラワー状にできることも。治療はレーザーで除去し、髪防止のために一週間程度内服薬を服用していただきます。包茎の人は包皮部分に雑菌がたまり再発しやすいため、包茎治療を合わせて受けることをおすすめしています。

梅毒

ペニスにしこりやできものが生じている、体の表面に赤い湿疹が出る、足の付け根のリンパ節がコリコリするといった症状がある場合、梅毒が疑われます。梅毒菌に感染することによって発症する症状で専用の抗生物質を服用することで、完治させることができます。治療には6ヶ月程度の時間を要します。

亀頭周囲のブツブツ除去

亀頭周囲のブツブツは尖圭コンジロームのほか「フォアダイス」(真珠様陰茎小丘疹)と呼ばれる症状が考えられます。フォアダイスは単なる脂線で性感染症ではなく、必ずしもが治療が必要というわけではありません。

とはいえ、亀頭部分にぶつぶつがあると見た目が悪くなりますし、パートナーから性感染症ではないのかと心配されてしまったという方もいらっしゃいます。

中央クリニックでは電気分解を用いてフォアダイスを除去します。治療後は擦り傷の様な状態になりますが、1~2週間かけてかさぶたになり、かさぶたが取れると滑らかな肌が現れます。傷跡が残ることはほぼありません。

フォアダイスと尖圭コンジロームは区別がつきにくい症状です。尖圭コンジロームは再発を繰り返しやすいため早めの治療が必要です。当クリニックでは、尖圭コンジロームであるかどうかの診断を無料で行っております。気になる症状のある方は是非、ご相談ください。

03施術の流れ

STEP1お電話・メールでご予約

お電話またはメールでカウンセリングをご予約をお願いいたします。
当院は完全予約制となっており、プライバシー厳守により待合室も仕切られているので、他の患者さまと顔を合わせないように配慮しております。

STEP2カウンセリング・診察

患者さまのご要望やお悩みをカウンセラーがお伺いいたします。

また、院長が患者さまの施術内容について、しっかりと納得していただけるまで丁寧にご説明します。
美容医療について間違った知識をお持ちの方も多い為、 医療機関である当院での治療について丁寧にご説明いたします。

STEP3費用のご案内・お支払い手続き

院長の診断結果と申し送り内容に基づきカウンセラーが施術内容や費用等を詳しくご説明します。
現金の他、クレジットカードや分割払い(医療ローン)でのお支払いも承っています。

STEP4施術

最新の医療機器が整った完全個室の施術室で、院長・看護師が施術をいたします。
手術室は、衛生管理や安全面に細心の注意を行っています。

STEP5アフターケア

施術後には、治療後の過ごし方やアフターケアについてご案内いたします。
ご不安なことがあれば、いつでもご相談や診察を承ります。

04男性器の悩み治療に関するよくある質問

麻酔時や治療中、治療後は痛くないですか?
治療中は麻酔を使用するため、ほぼ痛みはありません。
麻酔が切れてくると痛みが生じることがありますが、処方した鎮痛剤を我慢せずにお飲みいただくことで、我慢できない痛みが続いたり生活に支障が出ることはないでしょう。
傷跡は目立ちませんか?
治療方法によって異なります。
男性器の治療は傷がそもそもできない治療方法と、一時的に跡ができる治療があります。傷跡ができる治療でも、時間の経過とともに跡は薄く消えていきます。また、目立たない箇所を切開する、しわに沿って切開するなど、中央クリニックでは極力傷が目立たない治療を心がけておりますのでご安心ください。
当日に治療はできますか?
可能です。
カウンセリングを受けていただき治療内容と費用に納得いただければ、当日治療を受けていただくことができます。予約状況によっては治療を受けできない場合もありますので、カウンセリングをご予約いただく際に、当日治療をご希望である旨お伝えいただけるとスムーズです。
術後いつから性行為ができますか?
治療方法によって異なります。詳しくはカウンセリングでご相談ください。
例えば、最もご相談に来られる患者様が多い包茎治療では、 性行為ができるようになるまで1カ月程度を要します。その他、亀頭増大をはじめとする注入系の治療は術後1週間程度で性交渉ができるようになります。
男性器の治療に年齢制限はありますか?
特に年齢制限はありませんが、未成年の患者様の場合、親権者の方の同意書が必要です。
お子様の包茎のご相談のために、初めに親御さんだけがカウンセリングに来られるケースも少なくありません。お子様の場合、体の成長を考慮して受けるべき治療もありますので、まずは無料カウンセリングにて、ご相談ください。

ご予約・お問い合わせはご気軽にご連絡ください

0120-472-332 電話する 0120-472-332

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院