ミノキシジル外用薬

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミノキシジル外用薬

1ミノキシジル外用薬とは

1174-catch

ミノキシジルは、髪の毛の成長指令を出す毛母細胞から成長因子の分泌させる事で、AGA・FAGAを改善する外用薬です。

成長因子による「新しく血管を作る」「毛母細胞を増殖する」2つの働きによって、「抜け毛の抑制」「成長サイクルの改善」効果があります。

この効果が臨床実験において証明された結果、厚生労働省が医薬品として認可、日本皮膚科学会で最高ランクのAランクを取得等、ミノキシジルは各機関に効能性が認められました。

2ミノキシジル外用薬がおすすめの方

3ミノキシジル外用薬の特徴・メリット

4ミノキシジル外用薬の詳細

ミノキシジルは男性型脱毛症AGA、女性型脱毛症FAGAを改善する、外用薬です。

男性型脱毛症AGA、女性型脱毛症FAGA

髪の毛は、頭皮の中で栄養を蓄える「休止期」→産毛の様な細い髪の毛が生えてくる「成長期初期」→髪の毛が長く伸びる「成長期中期」→太く、丈夫になる「成長期後期」→段々と細くなって抜けていく「退行期」を経て、休止期に戻ります。私達の髪の毛は1日100本程の抜け毛がありますが、この成長サイクルのお陰で次々と髪の毛が入れ替わるので、頭髪の量を一定に保つ事が出来ているのです。

しかし、加齢やストレス等が原因で男性ホルモンが減少すると、減少した男性ホルモンを補うために、身体はより強い男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを分泌します。

このジヒドロテストステロンは年齢を重ねても男性機能や男らしさを維持するために欠かせないホルモンである一方、髪の毛に対しては薄毛の原因となります。髪の毛は、毛根にある毛母細胞から細胞分裂の指令を受けて、細胞分裂を繰り返しながら育ちます。この細胞分裂によって長く太くなっていくのですが、ジヒドロテストステロンは細胞分裂の指令を出す毛母細胞の働きを阻害して、成長期を短縮してしまうのです。

その結果、本来2~6年程かけてゆっくりと長く太くなる髪の毛が、数ヶ月~1年程しか成長出来ないので、髪の毛は細い産毛の様な毛ばかりになってしまいます。さらに休止期までの期間が短くなるので、抜け毛が増加して頭髪の総量が一気に減少し、最終的には発症部位の髪の毛が全て抜け落ちます。この進行形の薄毛を男性型脱毛症AGAといい、主に頭頂部と前頭部に発症するのが特徴です。

女性も同様に体内にある男性ホルモンが減少してジヒドロテストステロンが発生すると、抜け毛が増える、産毛の様な細い髪の毛ばかりになる女性型脱毛症FAGAが発症します。しかし、女性ホルモンであるエストロゲンには髪の毛を豊かに保つ働きがあるので、女性がFAGAを発症しても無毛になる事はありません。また、特に発症部位が決まっているのではなく、万遍無く薄くなる事もFAGAの特徴です。

ミノキシジルの効果

髪の毛は、毛母細胞から細胞分裂の指令を受け取った後、血液中にあるタンパク質を材料として成長していきます。しかし、AGA・FAGAに悩むほとんどの方は、頭皮の血流や状態が悪いため、毛母細胞と髪の毛の育つ力が弱っている状態です。

そこでミノキシジルは「毛母細胞から成長因子を分泌させる」働きを持つアデノシンを分泌させます。その結果、毛母細胞は「新しく血管を作る、傷ついた血管を修復する」血管内皮増殖因子、「毛母細胞を増殖させる」角化細胞増殖因子という2つの成長因子を分泌するのです。

この2つの成長因子が髪の毛の成長指令を出す毛母細胞自体の数を増やすと共に、頭皮に新しい血管を作って髪の毛に栄養をたっぷりと届ける事で、「抜け毛の抑制」「成長サイクルの改善」効果が得られます。

各機関に証明されている、ミノキシジルの効能性

ミノキシジルの臨床実験は150例の男性被験者を、ミノキシジル投与のグループとプラセボ(全く効果の無い薬をミノキシジルと思い込ませて服用させる)のグループに分けて、1年以上の長期服用を行いました。その結果、ミノキシジルのグループは95%に抜け毛抑制効果が見られ、プラセボのグループとは明らかな差異となったのです。

この結果を得て日本皮膚科学会(薄毛の治療薬が日本人に適しているか否か、医学的根拠があるか否かを客観的に評価する機関)は、ミノキシジルをAGA、FAGA抑制効果に優れた外用薬として、最高ランクのAランクと定めました。加えてミノキシジルは、厚生労働省からも正式に医薬品として認可されているので、各機関が認めた高い効能性を持つ医薬品と言えます。

フィナステリドが服用出来ない方も、使用出来る

AGA治療薬として認められているフィナステリドは、男性型更年期障害、勃起不全等の副作用を考慮して、体質によっては使用出来ない方もいます。また、男性ホルモンに働きかけるため、女性の使用は絶対に禁止です。対してミノキシジル外用薬は、フィナステリドが飲めない男性や女性でも、安心してお使いいただけます。

ミノキシジルの効果を最大限高めるために

ミノキシジルは成長因子を産生させる事でAGA、FAGAを改善する外用薬ですが、AGA、FAGAの原因となるジヒドロテストステロンには働きかけません。そこでジヒドロテストステロンを抑制するフィナステリドやザガーロと併用していただくと、「毛母細胞の増殖」「髪の毛の成長を促進」「ジヒドロテストステロンの抑制」とあらゆる角度から強力にAGA、FAGAの改善が促されます。

しかし、どの薬も効能性に優れた効き目のある薬なので、過剰に摂取すると副作用が出る恐れがあります。そのため中央クリニックでは医師が患者様の毛髪状態や体調を考慮した上で、可能と判断した患者様にのみ、併用を推奨しております。

全国の中央クリニック

top

治療に関する不安やお悩み
まずはお気軽にお問い合わせください

0120-472-332受付 9:30~20:00

受付 9:30~20:00・無休(携帯・PHSからもOK)

ご予約・ご相談