埋没法(切らない二重術)

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋没法(切らない二重術)

1埋没法(切らない二重術)とは

shutterstock_323017808

男性の一重まぶたはクールで涼しげに見えるメリットがある一方、目つきが悪く見えるために初対面での印象が悪くなりやすいデメリットがあります。

中央クリニックではこうした男性の一重まぶたを二重にする事で「どの年代からも好感を持たれる目元」に修正致します。

当院の豊富な症例数を誇る医師が丁寧に糸を通す埋没法は、メスを使った切開法に比べて「施術時間とダウンタイムが短い」上に、「万が一仕上がりに違和感を生じた際はすぐに戻せる」手軽さと安全性を兼ね備えた、当院でも人気の高い施術です。

2埋没法がおすすめの方

3埋没法の特徴・メリット

4埋没法の詳細

男性の一重まぶたは涼しげでクールに見えるメリットがある一方で、目つきが悪く見えて睨んでいる。覇気が無いように見える。等、初対面での印象が悪くなりやすいデメリットがあります。

中央クリニックでは男性の一重まぶたを二重にする事で、「どの年代からも好感を持たれる目元」「目力の強い目元」に修正致します。

ほんの少し目元を変えるだけで「顔全体が整う」上、初対面での印象がぐっと良くなった。周囲の人から好感を持たれやすくなった等を実感する患者様が多い、「本人の魅力を増やす」効果もある、当院でも人気の高い施術です。

中央クリニックによる、複数の埋没法について

中央クリニックでは、ナチュラルクイック埋没法とリバース法。大きく分けて2種類の埋没法を行っております。

当院の豊富な症例数を誇る医師が丁寧に糸を通す埋没法は、メスを使った切開法に比べて施術時間とダウンタイムが短いにもかかわらず、綺麗に二重を形成する事が出来ます。それでいて万が一施術後の二重に違和感を生じた場合は、糸を取れば元に戻す事が可能な、安全性と手軽さを兼ね備えた施術です。

ナチュラルクイック埋没法

まぶたの中央(まぶたを閉じた時に黒目の上に当たる部位)に1mm程の穴を1箇所開け、そこから髪の毛よりも細い医療用の糸をまぶたの表と裏の双方に埋め込む事で、二重の癖を付けます。最も手軽な二重施術法であり、二重の癖が付きやすいまぶたの薄い方に適した施術方法です。

ナチュラルクイック埋没法2点止め

閉じた際に黒目の両端部分にかぶさるまぶたの2箇所に1mm程の穴を開けた後、医療糸を埋め込み、二重のラインを固定します。1点に比べて糸が外れにくい。しっかりと二重が定着する特徴があり、まぶたの脂肪が比較的厚い方。医師が1点では取れやすいと判断した方に適しています。

ナチュラルクイック埋没法3点止め

まぶたの目尻から目頭まで等間隔に3箇所、1mm程の穴を開けてから医療糸を埋め込み、二重を固定します。1点止め、2点止めよりも強い二重固定力があるので、脂肪が厚い方や複数回埋没法が取れてしまった方に向いている施術です。

また、加齢によるたるみによって目の上の皮膚が目を覆っている方に対して、たるんだ皮膚を折りたたむようにして固定する事で、たるみを解消して再びパッチリとした若々しい目元にする事も可能です。

リバース法

ナチュラルクイック埋没法の施術直後は上まぶたの表面に糸があり、至近距離で見た時に少し凹んだように見えます。対してリバース法は髪の毛よりも細い医療糸を上まぶたの裏側から通して固定するので、上まぶたの表面に糸の凹みが出来ません。

そのため、施術直後に目を閉じても傷跡に気づかれない。施術後の腫れと内出血が少ないというメリットがあります。施術を周囲に知られたくない。数日間のダウンタイムが取れない方におすすめです。

痛みとダウンタイム

中央クリニックで行う埋没法は全て局所麻酔を用いて行うため、施術中の痛みはありません。ナチュラルクイック埋没法の場合、施術後の目元に腫れと内出血が生じるケースがありますが、3日程をピークに徐々に落ち着き、1週間程で分からない程度になります。

5埋没法の施術の流れ

全国の中央クリニック

top

治療に関する不安やお悩み
まずはお気軽にお問い合わせください

0120-472-332受付 9:30~20:00

受付 9:30~20:00・無休(携帯・PHSからもOK)

ご予約・ご相談