切らない眼瞼下垂術

このエントリーをはてなブックマークに追加

切らない眼瞼下垂術

1切らない眼瞼下垂術とは

shutterstock_124893610

目が開きにくくなる眼瞼下垂は進行すると、目の上に窪みが生じると共にまぶたが緩んで皮膚が黒目を覆うようになります。

その結果、目の筋肉だけで開く事が出来ず、眉毛を使って目を開くようになるので、「眉毛の上にシワが出来る」「肩こりや首こりが酷くなる」「目がハッキリ開かず、眠そうに見える」といったデメリットが生じます。

中央クリニックはまぶたの裏側の粘膜と眼瞼挙筋、ミューラー筋を縫い縮める事で、眼瞼下垂を治療。上記のデメリットを解消して、「黒目が見えるようになる」「目の上の窪みが改善」「眉毛上のシワが薄くなる」効果を叶えます。

それでいて、メスを使った眼瞼下垂施術に比べて短いダウンタイムで済むので、忙しい方にも安心して受けていただけます。

2切らない眼瞼下垂がおすすめの方

3切らない眼瞼下垂の特徴・メリット

4切らない眼瞼下垂の詳細

通常私達の目は、眼瞼挙筋(まぶたを持ち上げる筋肉)、ミューラー筋(まぶたを開ける筋肉の裏にある、眼瞼挙筋と瞼板を繋ぐ筋肉)、まぶたが互いに繋がっている状態です。そして眼瞼挙筋とミューラー筋が収縮する事で、まぶたが引き上がって目が開きます。

しかし、生まれつきや老化、長期間のコンタクトレンズ使用が原因で眼瞼挙筋が緩むまたは断裂すると、筋肉の収縮が上手に出来ずに目が開きにくくなってしまいます。

そしてこの症状が進行すると、眼瞼挙筋が後ろに引っ張られる形で後退し、その隙間に目の上の皮下組織が落ち込み、窪みが生じます。さらに進行すると、上まぶたが緩んで皮膚が下に垂れ下がり、黒目が見えづらくなります。この進行性の症状を眼瞼下垂といいます。

そのため眼瞼下垂が生じると、

上記3つの特徴が現れます。

中央クリニックで行う、眼瞼下垂治療について

中央クリニックではメスを用いた本格的治療と、メスを使わない手軽な眼瞼下垂治療。2つの施術方法から患者様に適した施術方法を選択して、眼瞼下垂を治療致します。

今回は2つのうち、メスを使わない切らない眼瞼下垂治療術についてご紹介します。

メスを使わない眼瞼下垂治療

中央クリニックで行う切らない眼瞼下垂治療は、まぶたを裏返して、まぶたの裏側の粘膜と眼瞼挙筋、ミューラー筋を縫い縮めます。こうする事によって緩むまたは断裂していた眼瞼挙筋が再び働き始め、ミューラー筋と共に収縮して、まぶたがしっかり開きやすくなります。

その結果、進行した眼瞼下垂に伴って起こっていた症状が融和されて、「黒目が見えるようになる」「目の上の窪みが改善」「おでこのシワが薄くなる」3つの効果が得られる、最小限の施術で最大限の効果が得られる優れた施術方法です。

痛みとダウンタイム

当院で行う切らない眼瞼下垂術は、局所麻酔を用いての施術となるので、施術中の痛みはありません。術後は数日程、目がゴロゴロとする様な違和感を生じるケースがありますが、処方した目薬を使用していただく事で融和されます。

また、術後に腫れが生じた場合は、時間の経過と共に収まり、1週間程でほとんど目立たない程度に落ち着きます。傷口の経過が順調であればシャワーは当日(目元はこすらない)、コンタクトレンズは1週間後から可能です。

5切らない眼瞼下垂術の施術の流れ

全国の中央クリニック

top

治療に関する不安やお悩み
まずはお気軽にお問い合わせください

0120-472-332受付 9:30~20:00

受付 9:30~20:00・無休(携帯・PHSからもOK)

ご予約・ご相談