男性のにきび跡修正(スペクトラピコ ピコフラクショナルレーザー)

このエントリーをはてなブックマークに追加

スペクトラピコ ピコフラクショナルレーザー

1ピコフラクショナルレーザーとは

shutterstock_320615888

女性に比べて皮脂線が多い男性は、アクネ菌が繁殖してニキビが出来やすい上、皮脂の過剰分泌やキメの乱れが生じやすい傾向があります。

これらの症状が悪化して顔にニキビが出来た後、真皮に傷を負った事が原因で出来るのがニキビ跡です。

中央クリニックはピコフラクショナルレーザーを用いて肌を生まれ変わらせる事で、ニキビ跡を改善。さらにキメの乱れや過剰な皮脂、くすみを解消して、清潔感のある綺麗な肌を叶えます。

従来のフラクショナルレーザーに比べて痛みとダウンタイムが大幅に軽減された施術なので、どなたにも安心して受けていただく事が出来る、チャレンジしやすい美肌治療です。

2ピコフラクショナルレーザーがおすすめの方

3ピコフラクショナルレーザーの特徴・メリット

4ピコフラクショナルレーザーの詳細

女性に比べて皮脂線が多い男性は、アクネ菌が繁殖してニキビが出来やすい傾向にあります。この状態にストレスや揚げ物やジャンクフードを好む食生活が加わると、ターンオーバーが乱れてキメが粗くなり、「皮脂が過剰に分泌されて不潔に見える。」「顔がくすんで不健康に見える。」といったデメリットが生じます。

これらの症状が悪化して顔にニキビが出来た後、真皮に傷を負った事が原因で出来るのがニキビ跡です。真皮はターンオーバーによって生まれ変わりの無い部位なので、真皮が原因のニキビ跡を自分で改善する事は難しいですが、中央クリニックはピコフラクショナルレーザーを用いて肌を入れ替える事で、ニキビ跡を改善。さらにキメの乱れや過剰な皮脂、くすみを解消して、きれいな肌に導きます。

ピコフラクショナルレーザーとは

レーザーの光熱で皮膚を加熱して蒸発させる事で、肌に目に見えない程の小さい穴を無数に開ける施術をフラクショナルレーザーといいます。

ピコフラクショナルレーザーの効果

ピコフラクショナルレーザーによって穴の開いた肌周辺の組織は、肌を修復するために治癒能力が働き、繊維芽細胞(コラーゲンとエラスチンを生成する細胞)が活性化。肌再生を担うコラーゲンとコラーゲンを網目上に支えるエラスチンが増生して、施術によって故意に付いた真皮の傷が急ピッチで修復されます。

この時、元々あった真皮の傷も同時に修復されて新しい肌に生まれ変わる事で、ニキビ跡とキメの乱れが改善。水分をたっぷりと含んだ肌に導いて、過剰な皮脂とくすみを解消します。

肌悩みが絶えない肌を、清潔感のある綺麗な肌に生まれ変わらせる効果があるので、ピコフラクショナルレーザーは別名「肌の総入れ替え」と呼ばれている、肌再生に優れた施術です。1回の施術で約15%の肌深部が入れ替わるので、全ての肌を生まれ変わらせるためには、2~3週間毎に4~5回の施術をおすすめ致します。

従来の、フラクショナルレーザーとの違い

従来のフラクショナルレーザーは、光熱を肌深部まで届ける際に熱損傷が加わるので、施術後は照射箇所が真っ赤に腫れ、1週間程その状態が続きます。そして1週間程でかさぶたになった後、段々とかさぶたが剥がれ落ちて、3週間程で落ち着く、という長いダウンタイムを要しました。

対してピコフラクショナルレーザーは1ショット1億分の1秒という非常に短い時間で照射を行うので、皮膚表面と周辺組織へのダメージがほとんどありません。そのため痛みとダウンタイムを最小限に抑えつつ、しっかりと肌の入れ替えが出来る、優れた施術です。

ダウンタイム

ピコフラクショナルレーザーは施術後、肌に若干の赤みが生じ、3~5時間程続きます。その後薄い皮がポロポロを向けていき、2~3週間で落ち着くと、新しい肌が再生されます。薄皮は近くでマジマジと見ないと分からない程度なので、日常生活に大きな支障が出る、ダウンタイムはありません。

5ピコフラクショナルレーザーの施術の流れ

全国の中央クリニック

top

治療に関する不安やお悩み
まずはお気軽にお問い合わせください

0120-472-332受付 9:30~20:00

受付 9:30~20:00・無休(携帯・PHSからもOK)

ご予約・ご相談