埋没法+一部切開法(スーパーWマイクロカット法)

このエントリーをはてなブックマークに追加

埋没法+一部切開法(スーパーWマイクロカット法)

1埋没法+一部切開法(スーパーWマイクロカット法)とは

shutterstock_318740072

近年二重整形を希望する男性の方は急増しており、中央クリニックにおいても男性の二重整形は需要の多い施術です。

特に埋没法は「ダウンタイムが短い」「違和感を生じた際に元に戻せる」という2つのメリットがあるため人気ですが、その反面で、糸が緩んで一重に戻る(埋没法が取れてしまう)可能性がある点がデメリットです。

そこで当院はあらかじめ糸を埋没させる部分の皮下組織を4箇所カットしてから糸を通す「スーパーWマイクロカット法」を独自開発して、埋没法のデメリットを解消しました。

この方法によって通常よりも深い位置で糸を固定する事が出来るので、糸が緩みにくくなり「しっかりと二重が固定」出来ます。

それでいてダウンタイムは埋没法と変わらない、埋没法と切開法のそれぞれのメリットを取り入れた、優れた二重治療法です。

2スーパーWマイクロカット法がおすすめの方

3スーパーWマイクロカット法の特徴・メリット

4スーパーWマイクロカット法の詳細

埋没法は「ダウンタイムが短い」「違和感を生じた際に元に戻せる」という2つのメリットがあります。しかし、その反面で、糸が緩んで一重に戻る(埋没法が取れてしまう)可能性がある点がデメリットです。

万が一取れてしまった埋没法に対して、当院では糸を止める点を増やしてやり直す事で患者様のご希望に沿うよう善処しますが、何度も施術を繰り返すと目に余計な負担をかけてしまう事が懸念されます。

そこで当院は、「スーパーWマイクロカット法」を独自開発して、埋没法のデメリットを解消しました。

スーパーWマイクロカット法とは

中央クリニックが独自に開発したスーパーWマイクロカット法は、予め糸を埋没させる部分の皮下組織を4箇所カットしてから糸を通す事で、通常よりも深い位置で糸を固定する事が出来る。糸の安定感がアップする。2つの特徴があります。この2つの特徴によって、通常の埋没法に比べてしっかりと二重を固定出来る上、糸が緩みにくくなります。

それでいてダウンタイムは埋没法と変わらないので、スーパーWマイクロカット法は「しっかりした二重が長続きする」「ダウンタイムが短い」、埋没法と切開法の欠点をカバーして長所だけを取り入れた二重整形法と言えます。

もちろん、固定した糸の結び目は皮膚内に収まるので、見た目と触感共に綺麗な仕上がりが叶う、当院が自信を持っておすすめする施術です。

痛みとダウンタイム

スーパーWマイクロカット法は局所麻酔を用いて行うので、施術中の痛みはありません。施術後に腫れが生じるケースが見られますが、腫れは当日~3日後をピークに徐々に収まり、7~10日程で落ち着きます。

早くに腫れを取りたい方は術後数日間、冷却剤をタオルでくるみ、目元に軽く当てると腫れが早く収まります。(冷却剤をそのまま当てるのは、血行障害や凍傷の恐れがあるため厳禁です)反対に温めると血行が促進されて内出血が目立ちやすくなるので、温めることはさけてください。洗顔は当日、コンタクトレンズは3日後、運動は1週間後から可能です。

5スーパーWマイクロカット法の施術の流れ

料金表
無料カウンセリングのご予約・ご相談

全国の中央クリニック

top

治療に関する不安やお悩み
まずはお気軽にお問い合わせください

0120-472-332受付 9:30~19:00

受付 9:30~19:00・土日祝も開院(携帯からもOK)

ご予約・ご相談