亀頭増大

このエントリーをはてなブックマークに追加

ほぼ永久的な効果がある 最新の亀頭増大治療が可能です。

01亀頭増大術について

亀頭増大術とは

亀頭増大術
亀頭増大術とは「エランセ」や「ビアシー」といった医療用の安全性の高いフィラー剤(注入剤)を亀頭のカリを中心に注射器で注入し、ハリを出し亀頭を大きくする方法です。平常時でも亀頭が大きくなる為、見た目が良くなりコンプレックスも解消されます。また、亀頭部のハリや硬さも出るため、性感持続力も高まり・性行為時のパワーアップに繋がります。

point

  • 亀頭のカリの部分が大きくなり、勃起時・通常時ともに見た目のUP
  • 亀頭のカリ首が上がるため、パートナーに対する刺激のUP
  • 亀頭注入部にハリと硬さが出るため、射精時間の延長
  • 通常射精時間は延びますが感度が落ちる事はございません。感じなくなる(不感症)などの不具合は生じませんのでご安心下さい。

02フィラー剤(注入剤)の種類

フィラー剤(注入剤)について

従来のフィラー剤は、「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」などの素材が主流でしたが、ここ数年は「エランセ」や「ビアシー」といったさらに効果の高い素材が人気です。 亀頭増大は通常4~6ccが目安です。注入する量には個人差があり限界量がございます。診察してから最大何cc注入できるかをご説明いたします。1ccからでも注入可能です。 軽度の仮性包茎の方は、亀頭を大きくすることにより被りづらくなり、包茎を治す場合もございます。また、全体的にペニスの増大として陰茎増大術と同時に希望される方も多くいらっしゃいます。

エランセ

エランセ

エランセの特徴

エランセはPCL(ポリカプロラクトン)を主成分とした、ヒアルロン酸と全く異なる注入物です。PCLは溶ける糸などに用いられる成分で、最終的には完全に吸収されてしまい、体内に異物が残ることがないため、安全性の高いフィラー剤として「亀頭増大・強化」に使用されています。その安全性はFDA(アメリカ食品医薬品局)からも認められています。エランセ注入後は、、コラーゲンの生成が促進されることも特徴です。これにより、ヒアルロン酸を注入した際のように、急に注入物が減ったような感覚がなく、高い持続性を得ることができます。また生成されたコラーゲンにより、亀頭にハリが出て、硬さも増すので亀頭強化の効果も実感いただけます。

point

  • 安全性の高い注入物
  • 吸収性だが、4年以上の高い持続性
  • 注入後にコラーゲンが生成され亀頭強化効果もあり

長期持続型ヒアルロン酸「ビアシー」

ビアシー

ビアシーの特徴

ヒアルロン酸は人体にも存在する物質で、注入剤の中でも最も安全性が高い成分です。ヒアルロン酸は体内に吸収される性質があるため、持続性は低めですが、ビアシーはスーパーヒアルロン酸よりも分子が大きいため持続期間が長いのが大きな特徴です。持続期間は2~3年程で、最初の施術後1ヶ月以内にもう一回注入することで、3~5年持続すると言われています。

point

  • 安全性の高い注入物
  • 吸収性だが、2~5年の高い持続性
  • 注入後1ヶ月以内に再度注入することで持続期間が3~5年に

パフォーム(旧バイオアルカミド)

パフォーム

パフォームの特徴

パフォームは、96%が無発熱性の水と4%のアミドイミドアルキル型高分子ポリマー体というソフトコンタクトレンズの原料と類似の成分で構成されています。パフォーム注入後は速やかに周囲にコラーゲンの被膜が形成されるという特徴があります。コラーゲンの被膜に覆われるので、吸収されずに持続性に優れています。また周りの組織に流れてしまい形が壊れることもありません。 パフォームは永久的に硬く残り、亀頭増大効果が一番長い注射剤です。アクアミドを改良したもので、粘性・弾力性・硬度がアップした非吸収性高濃度ジェルです。

point

  • 非吸収性で、ほぼ永久的な効果を持続
  • 硬い注入物

アクアミド

アクアミド

アクアミドの特徴

アクアミドは、ポリアクリラマイドという非吸収成分が配合されているため、繰り返しの治療で非吸収成分が蓄積され、亀頭増大効果は半永久的に持続します。特にアクアミドは2回や3回に分けて注入するとより効果が出ます。パフォームよりも残存率は劣りますがパフォームに比べ粒子が小さく、半永久的に残る注入剤の中で安全性は最も高い注入物です。

point

  • 注入した一部が永久的に残り、半永久的な効果を持続
  • 半永久的に残る注入剤の中で安全性が最も高い

亀頭増大術後の注意点

03亀頭増大術の費用について

同時治療がおすすめです

亀頭増大術と同時に包茎手術陰茎増大長茎術ペニスのぶつぶつ・イボ除去シリコンボールパイプカットなど一度にご希望の治療を同日治療可能です。特に陰茎増大や長茎術などのセット治療が人気です。同時に複数の手術をした場合、麻酔も一度で済みますし術後のケアも一度で同時に治っていきます。ご希望の方はカウンセリング時にお伝え下さい。
料金表
無料カウンセリングのご予約・ご相談

詳細な料金については、各クリニックのページよりご確認ください。

全国の中央クリニック

亀頭増大術をご希望される方へ

亀頭に自信がないから亀頭増大術を受けたい!でも、なんだか恥ずかしい…と、なかなか一歩を踏み出せないという方もおられるのではないでしょうか。

しかし、中央クリニックであれば、丁寧にカウンセリングさせていただきます。手術を受けることがなんとなく恐いという場合にも、ご安心し納得いただいたうえで手術に臨んでいただけるよう努めており、強引な勧誘もありません。

また、当院は完全予約制となっており、プライバシーを考慮した環境を厳守しており、待合室も仕切られているので、他の患者さまと顔を合わせないように配慮しております。誰かに会ってしまったら恥ずかしいということは一切ありませんので、安心してご来院ください。

亀頭増大を希望する理由

亀頭増大を希望する理由は人それぞれですが、主に以下のようなものが挙げられます。

包茎を改善したい

包茎とは、亀頭が包皮に覆われている状態のことです。蒸れたり垢が溜まりやすかったりするため、雑菌が繁殖してかゆみやにおいなどの不快症状を引き起こすことがあります。

特に、夏は垢だけではなく汗によって蒸れやすくなるため、トラブルの原因になってしまいがちです。包茎の改善方法は様々ですが、その一つに亀頭増大術があります。

自信を取り戻したい

亀頭が小さく、気持ちよくないと女性に指摘されたことにより、性交渉に対してネガティブなイメージを持ってしまうことがあります。また、亀頭は日常生活において人に見られることがありませんが、心のどこかでどうしても気になってしまい、自分に自信を持てなくなることもあるでしょう。

このように、亀頭に関するコンプレックスは人生そのものに悪影響を及ぼす可能性があります。亀頭増大術を受けることで、女性を喜ばせられるようになり、自信を取り戻すことができるでしょう。

早漏を改善したい

亀頭が小さいために刺激への耐性が低いことが早漏の原因の一つです。早漏だと、女性を十分に満足させることができない場合があります。

早漏の治療を受ける方は、1~2分で射精に至ることが多いのですが、それでも女性を満足させられているのであれば改善の必要はないでしょう。

一方、悩み続けることはストレスを継続的に受けることになるため、身体にとってよいこととはいえません。特に、早漏に関しては、ストレスが原因で起こることもあるといわれています。

亀頭が小さいことによる悩みを抱えている方は、どのような些細なことでもよいので医師に相談してみましょう。

亀頭増大術によって期待できる効果

亀頭を増大させることで、自分に自信を持てるようになります。また、他にも次のようなメリットがあります。

早漏の改善

刺激に対する耐性を高められるため、早漏の改善が見込めます。ただし、加齢によって射精をコントロールしている射精管閉鎖筋が衰えていることが原因の場合には、亀頭増大術では改善が見込めません。

包茎の改善

カリが大きくなることで、カリの部分で包皮が止まり、包茎が改善される場合があるでしょう。ただし、改善が期待できるのは勃起したときに亀頭が露出する、または自分で露出させることができる仮性包茎の場合に限ります。

真性包茎やカントン包茎のように自分で包皮をむいて亀頭を露出させられない場合は別の治療が必要です。包茎が改善されることで、平常時に亀頭が露出するようになるため、性交渉の際の刺激に強くなります。

また、包皮と亀頭の間に垢が溜まったり、汗で蒸れたりすることもなくなるので、清潔な状態を保てます。においも防げるので、女性に嫌がられる心配もなくなるでしょう。

女性を満足させられる

カリが膣の内壁に強い刺激を与えるようになり、性的興奮と満足感を与えることができます。これまでとは違う性的興奮を覚えたことを女性から聞くことで、自分に自信を取り戻すことができるでしょう。

ヒアルロン酸注射による亀頭増大

亀頭増大術の一つに、ヒアルロン酸を亀頭やカリに注入する方法があります。ヒアルロン酸は元々体内に存在する成分で、体内組織への適合性が高いことが特徴です。水と二酸化炭素に分解され、ゆっくりと体内へ吸収されていきます。

また、亀頭増大術の一つにコラーゲンを注入する方法がありますが、コラーゲンはタンパク質であるため、人によってはアレルギーが出る可能性がありますが、ヒアルロンサンはムコ多糖類であるため、アレルギーの心配がありません。

ヒアルロン酸は、高い保水力を持つため、顔のしわの改善などにも使用されています。なお、ヒアルロン酸を注入しても硬くなるのではなく、カリが持つ柔らかさがそのままであるため、女性器を傷つけたり痛がらせたりする心配もないので、安心です。

どのぐらいのヒアルロン酸が必要?

亀頭にヒアルロン酸注射をする場合、1~2本分のヒアルロン酸が必要なことが多く、値段にすると数万円~十数万円程度になります。また、ヒアルロン酸は半年~1年程度かけて体内へ吸収されていくので、継続的な効果を得たいのであれば、定期的に施術を受けなければなりません。そのため、予算はできるだけ抑えることが大切です。

一方で、ヒアルロン酸には持続時間や硬さの違うもの、非吸収剤が入っているものなどたくさんの種類があり、値段だけで決めることは絶対におすすめできません。例えば、非吸収剤=身体に異物が残るということにかわりはないので、安全性などカウンセリングでしっかりと理解した上で、注入するヒアルロン酸の種類を決めてくださいね。

限られた予算の範囲内で亀頭増大を希望するのであれば、ヒアルロン酸をカリに注入することがおすすめです。特に、女性を喜ばせることを目的としている場合に向いています。

これは、カリが女性器のGスポットを刺激しやすいためです。亀頭を十分に増大させる場合と比べて、カリは少量のヒアルロン酸で大きく太くすることができます。

また、女性を喜ばせたいと思い、シリコンボールやシリコンリングを入れる方がいますが、見た目が通常のペニスと異なり、女性を恐がらせることがあるでしょう。しかし、ヒアルロン酸注入は、ノーマルな形を維持したままサイズだけをアップさせるため、恐がらせる心配もありません。

ヒアルロン酸注射は痛い?

亀頭は非常に敏感な部分であるため、まずは局所麻酔を行います。亀頭ではなく、痛みに対して鈍感なシャフト部分に局所麻酔を行いますが、極めて細い注射針を使用するので、わずかな痛みで受けていただけます。

麻酔の効果が現れたら、亀頭や仮にヒアルロン酸を注射していきます。

ヒアルロン酸注入のダウンタイム

シャワーは当日から可能ですが、性交渉は施術から約1週間は控えてください。また、抗生物質の効果が低下するため、術後1週間は飲酒、血行不良を招くため、術後2日間の喫煙も控えましょう。

手術後は、多少の出血がみられることがあるので、亀頭をガーゼで包んでから下着をはきます。そして、排尿の度にガーゼを交換し、清潔な状態を心がけてください。完全に出血が止まれば、ガーゼを外して構いません。

なお、ヒアルロン酸注入に通院は不要ですので、忙しい方でも気軽に受けることができます。

その他の亀頭増大術

ヒアルロン酸の他にも、亀頭増大させることができるものがあります。

コラーゲン注入法

タンパク質で構成されるコラーゲンを亀頭に注入して増大させます。タンパク質であるため、アレルギーが出る可能性がある点は考慮しましょう。

亀頭増大バイオアルカミド注入法

特殊なジェルを注入して亀頭を増大させる方法です。注入部位の周囲にコラーゲンの被膜が作られます。

体内に吸収されたり、形が変わったりする心配がないため、半永久的な効果が期待できます。また、他の注入法と比べて、より硬くすることが可能です。

亀頭アクアミド注入法

バイオアルカミドと同じく、体内に吸収されない特殊なジェルを亀頭に注入します。より硬く大きくすることができるでしょう。

亀頭部脂肪注入法

自分の身体から採取した脂肪を亀頭に注入します。その為、副作用の心配はありません。

ただし、必ずしも組織に定着するとは限らず、サイズが落ち着くのは、ダウンタイム後です。このようなことも踏まえて治療の際は医師としっかりと相談の上、治療を受けてください。

このように、様々な種類の亀頭増大術があるので、まずは医師に相談することをおすすめします。自分の希望を踏まえて、それぞれのメリットやデメリットについてしっかり把握したうえで、最適な方法を選ぶことが大切です。

top

治療に関する不安やお悩み
まずはお気軽にお問い合わせください

0120-472-332受付 9:30~20:00

受付 9:30~20:00・無休(携帯・PHSからもOK)

ご予約・ご相談