PRP再生治療

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の血液を使うPRP再生療法で
「再生する」治療へ。

01PRP再生治療について

PRP再生治療とは

PRPとは「多血小板血漿:Platelet Rich Plasma(プレートレットリッチプラズマ)」の略です。
血液には血小板が含まれており、血小板には怪我などで出血した際、傷口をふさいで止血し、皮膚の再生を促すなど、様々な成長因子が含まれています。

PRP再生治療

PRP治療では、ご自身の血液を採取し、採取した血液を遠心分離機にかけて血小板を取り出します。
その血液に含まれる「多血小板血漿」を再生してほしい箇所に注入することで、機能を活性化させるという効果があります。

遠心分離機
使用する部分

薄毛・AGA治療の場合

薄毛やAGAの方の場合、頭皮状態が悪く、毛を作る毛周期と呼ばれるサイクルが乱れ、毛周期の休止期という期間が長くなってしまい、次に生えるべき毛がなかなか生えてこないため毛の本数が減ってしまいます。 薄毛・AGA治療におけるPRP療法は、この頭皮の状態を血小板内に含まれる成長因子の働きによって改善、乱れていた毛周期のサイクルを調整し、頭皮の発毛する機能を活性化させることで薄毛を改善します。

AGA向けのPRP治療

ED(勃起不全)治療の場合

EDの治療法として一般的なのはバイアグラやレビトラといった治療薬によるもので、その効果は約80%と高い有効性が認めらていますが、併用禁忌薬があるため、服用できない場合も少なくありません。 そういったことから注目されているのが、「ICI療法」で、薬剤を陰茎に直接注射することで勃起を促す治療法です。ここで注入するのが、ご自身の血液から採取した「濃厚血小板血漿(PRP)」になります。
ご自身の血液から採取したPRPのため、拒絶反応や副作用がほとんどなく、持病などでED治療薬が服用できない方でも使用可能で、細胞を若返らせることでEDを改善します。

注射で使用する針は0.3mmと髪の毛程度の太さなので、チクッとする痛み程度で治療が完了します。

ED向けのPRP治療

PRP再生治療をご検討中の皆様へ

下記の方はPRP治療が受けられない、または注意が必要です。

  • 対象部位に皮膚疾患がある方
  • 悪性腫瘍の治療中、もしくは既往がある方
  • 血小板減少のある方、または血小板に関連した疾患をお持ちの方
  • 血液疾患をお持ちの方または既往のある方
  • 出血が止まりにくい既往のある方、またはそれに関連した疾患をお持ちの方
  • B、C型肝炎、HIV関連の疾患をお持ちの方
  • 血が固まりにくくなるようなお薬を服用されている方(バファリン・ワーファリンなど)
  • 心筋梗塞、脳梗塞の既往がある方
  • 心臓病で治療中の方
  • 他施設で現在美容治療中の方
  • 肝硬変など、肝臓病の方
  • ケロイド既往がある方、又は肥厚性瘢痕形成に対する感受性が増大している方

02PRP再生治療の費用について

詳細な料金については、各クリニックのページよりご確認ください。

top

治療に関する不安やお悩み
まずはお気軽にお問い合わせください

0120-472-332受付 9:30~19:00

受付 9:30~19:00・土日祝も開院(携帯からもOK)

ご予約・ご相談