美肌クリーム(ハイドロキノン)

このエントリーをはてなブックマークに追加

美肌クリーム(ハイドロキノン)

1ハイドロキノンとは

shutterstock_236303377

紫外線対策と毎日のケアを怠りがちな男性は、紫外線ダメージが大きくなりやすいため、肌の奥深くまで浸透したメラニンが原因のシミやそばかす、肝斑が発生しやすい状態です。

中央クリニックは、「メラニンの発生を抑制」「メラニンの働きを抑制」「メラニンの除去」と、全ての面でメラニンを徹底的にブロックするハイドロキノンを処方する事でこれらの肌悩みを改善し、色ムラの無い明るい肌をサポート致します。

2ハイドロキノンがおすすめの方

3ハイドロキノンの特徴・メリット

4ハイドロキノンの詳細

紫外線対策と毎日のお手入れを怠りがちな男性は、皮脂量が増えて肌理(キメ)が乱れている肌状態が多く見受けられます。しかし、肌表面の皮脂は紫外線の吸収を促進させる上、肌理の乱れた肌は紫外線ダメージを奥まで浸透させてしまうので、女性に比べて男性は紫外線ダメージが大きくなりがちです。

その結果、肌の奥深くまで浸透したメラニンが原因の「シミやそばかす」「肝斑の発生」「顔色が悪く見える」「不潔に見える」「老けて見える」などが生じます。

中央クリニックはハイドロキノンを用いて、これらの原因となるメラニンを除去し上記の症状を解消して、色ムラの無い明るくて清潔感のある肌を叶えます。

ハイドロキノンとは

肌に出来るほとんどのシミは基底層(表皮の一番下)周辺に、メラニンが蓄積して生じます。ハイドロキノンはこの基底層にあるメラニンの生成を抑制する&除去する2つの働きを担っている、シミ、そばかす、肝斑を効率良く除去する事が出来る成分です。

また、シミ取りレーザーを施術した後に使用いただく事で、レーザーによる色素沈着を防ぐ効果もあります。

他の美白成分との違い

美白成分として有名なビタミンCとプラセンタは、メラニンの発生を抑制する効果に優れている一方、メラニンを除去する効果はほとんど認められていません。対してハイドロキノンは、メラニンの発生・働きを抑制、除去と、全ての面でメラニンを徹底的にブロックします。

そのためハイドロキノンはビタミンCやプラセンタに比べ、10~100倍(濃度によって変わります)の美白効果が得られる、美白力に特化した唯一無二の美白クリームです。

ハイドロキノンの濃度

ハイドロキノンは、1~5%までの濃度があります。中央クリニックでは医師が肌状態を診察して、患者様の悩みと肌状態に最も適した濃度を処方しております。

1~3%

ハイドロキノン1~3%は肌に対する刺激が少なく、安全性が高い濃度です。よって、肌が弱いと感じる患者様は、この濃度をおすすめ致します。

4~5%

ハイドロキノン1~3%に比べて、効果や即効性が高くなるので、確実にメラニンをブロックしてくれます。しかし、その分、肌にピリピリとした刺激を感じるケースが見られるので、4~5%は肌に合うか否かを確かめるパッチテストを行ってからの使用を強く推奨致します。

5ハイドロキノンの塗り方

ハイドロキノンは綿棒に少量取り、シミやそばかす等の茶色部分のみに、1日1~3回塗布します。ただし4~5%の場合、洗顔直後は薬剤の浸透性が良くなり効きすぎる恐れがあるので、洗顔後20分以上たってからハイドロキノンを塗布してください。

また、ハイドロキノンは、光毒性といって一時的に皮膚が日光に対して非常に敏感になる特徴があります。そのためハイドロキノンを塗布した後に外出する際は、塗布した箇所にUV効果の高い日焼け止めを塗って、患部をしっかり保護する事も大切です。

全国の中央クリニック

top

治療に関する不安やお悩み
まずはお気軽にお問い合わせください

0120-472-332受付 9:30~20:00

受付 9:30~20:00・無休(携帯・PHSからもOK)

ご予約・ご相談