ペニスのぶつぶつ・イボ除去

このエントリーをはてなブックマークに追加

性病の可能性もあります。 早めに治療を行いましょう。

01ペニスのぶつぶつ・イボ除去について

ペニスのぶつぶつの種類

ペニスのぶつぶつの原因として、尖圭コンジローム、真珠様陰茎小丘疹、フォアダイス等があります。尖圭コンジロームはパポバウイルスが原因となっている性感染症です。真珠様陰茎小丘疹、フォアダイスはウイルスが原因ではなく、身体に害は無く放置しても数は増えませんが、不快に感じられる場合もあり治療が可能です。

尖圭コンジロ-ム(性感染症)

尖圭コンジロ-ム

尖圭コンジロ-ムの特徴

尖圭コンジロームは包皮や亀頭に出来る粟粒大ほどの赤いぶつぶつとして始まり、少しずつ乳頭状に膨らんでいくという、パポバウイルスが原因となっている性感染症です。自覚症状はほとんどありませんが、放っておくと半月単位でどんどん増え、カリフラワー状になりますので、気づかれたら早めに処置した方が良いでしょう。特に包茎の人は性行為の際に弱い皮膚に出来た細かい擦りキズからウイルスがすでに侵入していることが多く、一度尖圭コンジロームを治療しても再発しやすいので、包茎治療も併せて検討されることをお勧めいたします。

手術方法

ぶつぶつのある部分に局所麻酔を少量うち、電気凝固という方法で焼いてしまいます。その方が液体窒素などの凍結療法よりも再発率が低いとされています。保険診療で凍結療法をしているが、再発してなかなか完治しないという方はぜひご検討下さい。再発しやすい性病ですので感染しにくい環境にすることも重要です。包茎手術を行なう場合はコンジロームのぶつぶつも取り除く皮膚と一緒に取ることが可能です。

薬による治療

手術による治療に抵抗がある方には、痛みを伴わない尖圭コンジローマ治療薬での治療も可能です。また、再発の予防に手術後に使用する事も出来ます。使用法を誤ると皮膚障害などの副作用が強くなりますので、当院では注意点を申し上げた上で処方致します。

真珠様陰茎小丘疹(亀頭部のぶつぶつ)

真珠様陰茎小丘疹の特徴

真珠様陰茎小丘疹は亀頭の環状溝(カリ首)にほぼ一直線に並んで出来るぶつぶつで、ひどいケースでは尖圭コンジロームと間違われるほど発達しているケースもあります。コンジロームと違ってウイルスが原因ではなく、身体に害は無く放置しても数は増えません。人種によって、あるいは包茎のあるなしによって持っている割合が異なり、またここに神経の末端が分布する為、 極度に敏感な状態になっていて不快に感じられる方も多いようです。女性に指摘されて見栄えを気にされるケースもあります。

手術方法

コンジローム同様、電気凝固で治療します。

フォアダイス(陰茎部のぶつぶつ)

フォアダイスの特徴

フォアダイスは陰茎にぶつぶつが出来る生理的現象です。真珠様陰茎小丘疹と同様にウイルスが原因ではなく、身体に害は無く放置しても数は増えません。

手術方法

コンジローム同様、電気凝固で治療します。

ご検討中の皆様へ 治療後の注意事項

  • 手術当日からシャワー浴が可能です。シャワー後傷口に軟膏を塗りガーゼを付けていただきます。
  • 入浴は翌日から可能です。
  • 性行為は2週間禁止です。
  • 傷口が乾くまで軟膏を塗っていただきます。
料金表
無料カウンセリングのご予約・ご相談

ペニスのぶつぶつ・イボ除去の費用につきましては、各クリニックページよりご確認ください。

全国の中央クリニック

top

治療に関する不安やお悩み
まずはお気軽にお問い合わせください

0120-472-332受付 9:30~19:00

受付 9:30~19:00・土日祝も開院(携帯からもOK)

ご予約・ご相談