中央クリニックの
刺青・
タトゥー除去

近年身近になっている刺青、タトゥー。
しかしターニングポイントが訪れた時、それを「消したい」と考える方も
少なくはありません。中央クリニックでは、より短時間で、きれいに治療できる
技術も導入し、あらゆるタイプの刺青・タトゥーの除去に対応しています。
刺青・タトゥーの色・墨の深さ・治療期間・サイズ・部位・ご予算などを考慮し、
あなたに最適な治療法を提案します。

kv

こんな方にオススメ!

  • タトゥーをすぐに消したい
  • 何度も通院できない
  • カラーのタトゥーを消したい
  • 傷跡を残したくない

刺青・タトゥー除去のポイント

レーザー法

刺青やアートメイクなど、高い色素分解効果があるレーザーで徐々に薄くしていく方法。
中央クリニックでは、カラータトゥー除去が可能なピコレーザーの他に、表面の刺青除去にも効果があるアクションツーとエルビウムヤグレザーも完備。墨で入れただけのタイプやアートメイクも早く簡単に除去することが可能です。

メリット

切らずに治療ができ、他の治療法に比べても傷跡がきれい。

デメリット

複数回通院の必要がある。

剥削法(はくさく法)

皮膚の表面を薄く削り刺青を除去する方法。
レーザー治療では難易度が高い青色や赤色などの刺青、切除では難しい大きな刺青にも対応できます。中央クリニックでは皮膚の再生サイクルにあわせて、万全の治療を行っています。

メリット

カラーや大きさに関係なく除去することが可能。

デメリット

ダウンタイム(完治までの時間)が長め。

切除法・皮膚移植法

刺青と周辺の皮膚を切除して、皮膚を縫い合わせる治療法。
小さな刺青やタトゥーなら1回で完全に除去が可能です。大きい場合では2~3回に分けて施術します。さらに大きな場合は、切除後に皮膚移植を行う方法もあります。

メリット

カラーでも1回で完全に除去することが可能。

デメリット

場所によっては困難。傷が治るまで時間がかかる。

刺青・タトゥー除去の比較表

自己判断でなく、ドクターの診療を通して的確な方法を選ぶことが大切です。詳細は各クリニックへお問い合わせ下さい。

レーザー除去法 削皮法 切除法 皮膚移植
オススメの方 レーザー除去法

単色やカラーの刺青、タトゥーを除去したい方。
切らずに治療したい方。
傷跡をきれいに仕上げたい方。

削皮法

大きなサイズ・カラフルな刺青、タトゥーの方。
多少時間がかかっても早急に刺青、
タトゥーを除去したい方。

切除法

小さなサイズの刺青、タトゥーの方。
皮膚が伸びやすい箇所に刺青、
タトゥーがある方。

皮膚移植

小さなサイズの刺青、タトゥーの方。
皮膚が伸びやすい箇所に刺青、
タトゥーがある方。

カラータトゥー レーザー除去法ピコレーザーのみ 削皮法 切除法 皮膚移植
広範囲 レーザー除去法 削皮法 切除法 皮膚移植
施術時間 レーザー除去法1~2時間程度 削皮法2~3時間程度 切除法2~6時間程度 皮膚移植2~3時間程度
費用目安
1cm×1cm~
10cm×10cmの範囲
レーザー除去法1万~15万円 削皮法5万~45万円 切除法3万~30万円 皮膚移植5万~45万円
施術回数 レーザー除去法複数回 削皮法1回(大きさ等による) 切除法1回(大きさ等による) 皮膚移植1回(大きさ等による)
ダウンタイム レーザー除去法 削皮法 切除法 皮膚移植
傷跡 レーザー除去法 削皮法 切除法 皮膚移植
麻酔 レーザー除去法使用可 削皮法あり 切除法あり 皮膚移植あり
入院 レーザー除去法なし 削皮法なし 切除法なし 皮膚移植なし
通院 レーザー除去法なし 削皮法数日後(ガーゼ取換) 切除法1〜2週後抜糸 皮膚移植医師の指示による
入浴・シャワー レーザー除去法

当日
(患部を濡らさないようにシャワー程度)

削皮法

医師の指示による
(それまでは患部を濡らさないようにシャワー程度)

切除法

1週間後
(それまでは患部を濡らさないようにシャワー程度)

皮膚移植医師の指示による

中央クリニックの
刺青・タトゥー除去の特徴

多数カラー対応の最先端除去マシーンを導入

中央クリニックでは、カラータトゥーを切除などのオペ治療以外で治療することが可能です。
単色だけでなく、幅広いカラーに対応するレーザー治療を採用しています。

プラスαの施術方法により
綺麗な刺青・タトゥー除去を実現

中央クリニックでは、さらなる美しい仕上がりを求めるために、刺青・タトゥー除去後の傷跡修正に適した、4つの治療法をご用意しています。

プレミアムPRP再生療法

ご自身の血液から抽出した血小板(PRP)を皮膚に注入することで、傷跡を修復する自然治癒力を促す治療法です。
刺青・タトゥー除去の傷跡以外にも、肌の若返り(シワやたるみ改善)治療に多く活用されています。

DeScribe(ディスクライブシート)

ディスクライブシートとは、レーザーで照射する前の刺青やタトゥー部分に張り付けるだけで、綺麗な仕上がりを実現させるシートです。
本来レーザー照射は、皮膚の一部に熱を跳ね返してしまう特性を持っています。
そのためそこに、ディスクライブシートを貼ることで、レーザーの熱反射を予防し、ほぼ100%のレーザー熱を刺青・タトゥーに届けることができるのです。
つまり、レーザー照射の効果を、最大限に発揮するための対策と言えます。

リジェネラ(皮膚再生療法)

ご自身の健康な肌から採取した皮膚細胞を特殊な機械にかけて、“懸濁液”を作成。
これを肌組織が破損した傷跡部分に注入することで、肌の修復を促す治療法です。
刺青・タトゥー除去後の傷跡以外にも火傷跡の治療などにも活用されています。

アクションⅡ(美容治療機器)

アクションⅡは、LUTRONIC社製の「エルビウムヤグレーザー ACTIONⅡ」という医療レーザーを、傷跡部分に照射することで、傷跡部分の回復を促す施術です。 傷跡部分へピンポイントに作用するため、周辺組織にダメージを与えるリスクが少なく、ダウンタイムも短いことが特徴的な治療法です。 刺青・タトゥー除去後の傷跡治療以外にも、毛穴の開き改善やニキビ肌治療に活用されています。

全国の中央クリニック We are located all around Japan.

中央クリニックは全国18院。
美容外科治療には確かな医療技術が求められます。
中央クリニックでは、高い技術力、豊富な経験・実績のある、
選ばれたドクターのみが治療を行ないます。

ご予約・お問い合わせはご気軽にご連絡ください