『手術による』ワキガ・多汗症治療


『手術による』ワキガ・多汗症治療

1『手術による』ワキガ・多汗症治療とは

ワキガ臭を物理的に取り除くためには、手術が有効的です。ワキガ手術、それぞれの特徴について、詳しくご説明します。

2『手術による』ワキガ・多汗症治療の詳細

シェービング法

治療の特徴

施術箇所の皮膚を約2㎝程度開いて専用の機器を挿入し、ワキガ臭や多汗症の原因となるアポクリン腺・エクリン腺を除去します。さらに第二段階として、除去しきれなかった汗腺を目視で確認しつつ、ローラーで取り除きます。ごく小さい範囲の切開に留めるため手術は短時間で済み、手術跡も目立ちにくいのが特長です。

対象となる症状

  • ワキガ臭や多汗症にお悩みの方
  • ボトックス注射などの定期的な治療ではなく、根本的にワキガを治したい方
  • 手術による傷跡やダウンタイムを最小限で抑えたい方

治療時間(目安)

40~50分程度

ダウンタイム

麻酔が切れた後には痛みが生じます。(痛みが生じた場合は、がまんせず治療後に処方する痛み止めを服用ください。服用後は日常とほぼかわらずお過ごしいただけます。)患部はガーゼで保護し、術後3日後にガーゼ交換が必要です。尚、抜糸は、術後1週間程度で行います。

※料金は各クリニックによって異なりますので、ご確認下さい。

切開剪除法(せんじょほう)

治療の特徴

施術箇所の皮膚を4㎝ほど切開し、アポクリン腺・エクリン腺を除去する手術です。皮膚を裏返して医師が目視で確認しながら施術を行うので除去率は非常に高く、ワキガや多汗症を根本的に治療できます。
ただし医師の高い技術が必要とされる上に、この方法で手術を行えるクリニックが少ないこととされています。尚、臨床経験を豊富に持つ中央クリニックではこの治療法を取り扱っております。詳しくは、お近くの中央クリニックまでお尋ねください。

対象となる症状

  • 重度のワキガ臭・多汗症にお悩みの方
  • 過去にボトックス注射などで効果を実感できなかった方
  • 一度他のワキガ治療法を試したものの、再発してしまった方

治療時間(目安)

90分程度

ダウンタイム

麻酔が切れた直後から痛みが発生します。(痛みが生じた時は、当院処方の痛み止めを服用ください。服用後は日常とほぼかわらずお過ごしいただけます。)7日間は患部の腫れが続くため、脇を固定材で固定し、安静が必要です。ダウンタイムが他の治療法に比べて長いのが特徴です。

※料金は各クリニックによって異なりますので、ご確認下さい。

ソノペット

治療の特徴

超音波の波動によって、汗腺を除去する治療法です。施術箇所の皮膚を小さく切開し、高振動するハンドピースの先端を直接接触させることで、汗腺を効率よく取り除きます。
また、同時に水を流すことで、はがれた汗腺が飛散すること、さらには、熱によって皮膚が傷つくことを防止するなどの取り組みが行われています。
尚、ソノペットでは、執刀医が目視で汗腺を確認するため高い除去率を誇るだけでなく、ごく小範囲の切開にとどめることから、ダウンタイムが短いというメリットも持っています。

対象となる症状

  • ワキガ・多汗症の臭いにお悩みの方
  • ボトックス注射などで効果を実感できなかった方
  • 術後のダウンタイムを短く済ませたい方

治療時間(目安)

約60分程度

ダウンタイム

状況によりますが、通常3日間の患部固定が必要となります。切開剪除法と比べてダウンタイムが短いのが特長です。

※料金は各クリニックによって異なりますので、ご確認下さい。

無料カウンセリングのご予約・ご相談

全国の中央クリニック

おすすめメニュー recommend menu

中央クリニックなら、男の身体の悩みを解決できます

ご予約・お問い合わせはご気軽にご連絡ください