剥削法


剥削法

1剥削法とは

剥削(はくさく)法とは、刺青やタトゥーが入った皮膚部分を削ることで、刺青やタトゥーを物理的に取り除く方法です。基本的には1回の治療で刺青・タトゥー全体の約9割もの色素を取り除くことができることから、施術完了までの期間を急ぎたい方にお勧めの治療法と言えるでしょう。

2剥削法がおすすめの方

  • 大きなサイズ・カラフルな刺青・タトゥーの方
  • 多少時間がかかっても早急に刺青・タトゥーを除去したい方

3剥削法の特徴・メリット

  • 1回の治療で刺青・タトゥーの除去が可能
  • 皮膚の自然治癒力を生かした治療方法

4剥削法の詳細

傷跡

剥削法の傷口は、擦り傷程度。さほど目立つものではありません。ただし皮膚を削る方法のため、傷口の治癒や皮膚の再生には相応の時間がかかります。

また皮膚を深く削りすぎると、その分身体への負担が大きくなり、傷跡がケロイド状になるなど、傷跡が目立ちやすくなることもあります。そのため、適切な施術範囲を見極める、医師の高い技術が必要となるのです。

施術期間

剥削法の施術は、基本的に1回のみで完了します。ただし、剥削法の効果は、すぐに実感できるものではありません。

施術後、約1か月程度で傷口が治癒し、肌の色に馴染むまでには約半年~1年程度かかります。

無料カウンセリングのご予約・ご相談

全国の中央クリニック

中央クリニックなら、男の身体の悩みを解決できます

ご予約・お問い合わせはご気軽にご連絡ください

0120-472-332 電話する 0120-472-332

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院