ヒゲ脱毛は痛みが心配……という方へ。痛みの真実を解説

ヒゲ脱毛は痛みが心配……という方へ。痛みの真実を解説

この記事でご紹介すること

ヒゲの悩みを解消してくれるヒゲ脱毛は人気の施術ですが、痛みが心配でためらっているという方も多いでしょう。巷では「かなり痛い」「思っていたほど痛くなかった」など様々な声が聞かれますが、痛みの真実はどうなのでしょうか。

ここでは、医療機関で脱毛する場合の痛み、エステサロンで行う場合の痛みを、その理由とともに徹底解説します。

また、医療機関の中には、痛みを緩和する方法を積極的に取り入れているところもあります。痛みの少ない機器や麻酔による痛みの軽減など、医療機関ならではの痛み対策がとられています。

とにかく痛みが不安……という方のクリニック選びのポイントもあわせて紹介していきます。ぜひ参考にして、痛みの少ないヒゲ脱毛を目指してください。

ヒゲ脱毛はどれくらい痛いの?

ヒゲ脱毛は、医療機関で行う脱毛とエステサロンで行う脱毛の大きく2つに分類できます。医療機関では医療レーザーによるヒゲ脱毛が主流になっていますが、一部、針を使った脱毛を行っているクリニックもあります。医療レーザー脱毛は、さらに「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「YAG(ヤグ)レーザー」の3種類に分かれます。

エステサロンは医療機器を取り扱うことができないため、レーザーよりも出力が弱い光脱毛機器を使ってヒゲ脱毛を行っています。
ヒゲ脱毛をするときの痛みは、これらの使用機器によって変わります。それぞれの特徴と痛みを説明していきましょう。

「アレキサンドライトレーザー」の特徴・痛み

医療レーザーの中で、もっとも多く使用されているのがアレキサンドライトレーザーです。黒いものに反応するというレーザーの特性を利用し、成長期にある毛を通して毛根を破壊する永久的脱毛です。
瞬時に毛根に熱を与えるため、輪ゴムで弾かれたような痛みを感じます。ただし、痛みの感じ方には個人差があります。剛毛の場合や肌の状態によっては、それ以上の痛みを感じることもあります。

アレキサンドライトレーザーは脱毛効果が高く、痛みや肌へのダメージが少ないことから、医療機関で長年使われている医療レーザーです。

「ダイオードレーザー」の特徴・痛み

医療レーザーの中で、もっとも痛みの少ないのがダイオードレーザーです。半導体レーザーとも呼ばれ、蓄熱式で発毛因子が存在する「バルジ」という領域を破壊して永久的脱毛を行います。

じわじわと熱を加えていくため、お風呂に入ったときと同じような温かさを感じますが、痛みはほとんどありません。肌にジェルを塗布して施術を行うので、デリケートな肌質の方にも向いています。アレキサンドライトレーザーと比べると、レーザー照射回数が1.5倍ほど多くなりますが、痛みを避けたい方におすすめしたい医療レーザーです。

また、ダイオードレーザーは、アレキサンドライトレーザーよりも皮膚の奥深くまで到達する波長を持っており、産毛から剛毛まで様々な毛質で高い脱毛効果を発揮します。メラニン吸収率が低いため、日焼けをしている肌や色が黒い方にも使用できます。

「YAG(ヤグ)レーザー」の特徴・痛み

YAGレーザーは3つの医療レーザーの中で、もっとも皮膚の深いところまで到達する波長を持っています。脱毛のメカニズムはアレキサンドライトレーザーと同様で、瞬時に毛根に熱を加えて破壊し、永久的に脱毛します。
YAGレーザーの脱毛効果は非常に高く、毛根が深いところにある太い毛質のヒゲでもしっかり脱毛できます。また、産毛にも対応しており、他のレーザーで脱毛できなかった産毛の処置に使用することもあります。メラニン吸収率が低いので、日焼けしている方や色が黒い方でも使用することができます。

照射回数をもっとも少なくできる医療レーザーですが、反面、強い痛みをともなうというデメリットがあります。

「針脱毛(ニードル脱毛)」の特徴・痛み

針脱毛は、毛穴の一つひとつに針を刺し、微弱電流を加えて毛根を破壊する永久的脱毛です。医療機関でしか行えない施術で、医療レーザーが主流となる前は、永久脱毛といえば針によるものが一般的でした。
ヒゲのように毛穴が深いところにある脱毛に対応できるほか、医療レーザーには反応しない白髪の脱毛をすることも可能です。

しかし、毛穴に針を刺していくため、かなり強い痛みをともないます。また、1本ずつ脱毛していくので時間もかかります。現在では針脱毛を行っているクリニックは少なくなっていますが、硬毛化した毛の脱毛にも有効なため、一部のクリニックでは取り扱っています。

光脱毛(エステサロン)の特徴・痛み

光脱毛は、主にエステサロンで用いられている方法です。メラニン色素に反応する特殊な光を照射することで毛根にダメージを与え、減毛する方法です。医療レーザーのように発毛組織を破壊することは医療行為にあたるため、エステサロンでは行うことができません。そのため、一定レベルまでしか出力できない光脱毛機器を使用して減毛していきます。

光のエネルギーが低いので、施術にあたって痛みはほぼ感じません。1回あたりの脱毛効果が弱い分、医療レーザーと比べると倍以上の照射回数が必要になります。また、永久的な脱毛ではないので、一度脱毛しても生えてくる可能性があります。

医療レーザーでも痛みを軽減できる方法はある?

ヒゲは体毛の中でも黒くて太いため、レーザーに反応しやすくなっています。また、毎日のヒゲ剃りなどで肌へのダメージがある場合は、痛みを強く感じる傾向があります。クリニックでは医療レーザーによる脱毛を行う際に、痛みを軽減するいくつかの方法を用意しています。

脱毛前後のアイシング

脱毛の前後に脱毛部位をアイシング(冷却)することで、痛みを感じにくくすることができます。また、レーザー照射後の炎症を抑える効果もあります。

レーザー機器の冷却装置を活用

医療レーザーによるヒゲ脱毛は、熱を加えて発毛組織を破壊するメカニズムになっています。そのため、医療レーザー機器には、痛みや火傷を防ぐための冷却装置を備えているものがあります。

アレキサンドライトレーザー・YAGレーザーには、照射と同時に照射部位を瞬間的に冷却する機能を備えているタイプがあります。これによって痛みを緩和するとともに、施術後の火傷のリスクを抑えています。

ダイオードレーザーでは、施術前に冷却効果があるジェルを脱毛部位に塗布します。また、肌との接地面に冷却装置がついているものもあり、ダブルの冷却効果で大幅に痛みを軽減することができます。

麻酔を利用する

医療機関だからこそできる痛みを抑える方法が、麻酔の活用です。ヒゲ脱毛で行われている麻酔には3種類あります。ひとつは、脱毛部位に塗布する表面麻酔(クリーム麻酔)です。手軽に脱毛時の痛みを緩和できることから、使用しているクリニックが多くなっています。

また、笑気ガスを吸引する「笑気麻酔」を使用しているクリニックもあります。これは、ほろ酔い気分と似た状態をつくり、痛みを感じにくくさせる方法です。一般的な麻酔とは違い、吸引をやめるとすぐに覚醒できます。このほか、注射による局所麻酔があります。

いずれも、脱毛料金とは別途費用がかかることが多くなっています。これまで痛みが原因となって、途中で脱毛を断念してしまったという方は、麻酔の利用を検討してみることをおすすめします。

クリニックが導入しているダイオードレーザーの種類と特徴

医療レーザーの中で、脱毛時の痛みをもっとも抑えているのがダイオードレーザーです。ダイオードレーザーを搭載している機器にも様々な種類があり、「メディオスター」「ライトシェア」「ソプラノ」は多くのクリニックで導入されています。それぞれの特徴を説明しましょう。

「メディオスター」の特徴

ダイオードレーザーを搭載している機器の中でも、痛みがなく肌に優しいといわれているのがメディオスターのシリーズです。他の医療レーザーでは毛根に対して瞬間的に強い熱を加えますが、メディオスターは毛根の手前にあるバルジ領域をターゲットにして発毛因子を破壊します。低出力のレーザーを連続して照射し、じわじわと加熱していくため痛みはほとんどありません。

また、メラニンに反応させて毛根を破壊するタイプの医療レーザーは、産毛などメラニン色素が少ない毛には十分な効果を発揮できないという弱点がありました。メディオスターは発毛因子にダメージを与えるシステムを採用しているため、細い毛の脱毛にも高い効果を発揮します。メラニン吸収率が低いので、日焼けしている肌や色黒の肌にも使えるというメリットも持っています。
メディオスターは痛みが苦手という男性に人気があることから、ヒゲ脱毛を行っているクリニックでは多く導入されています。

「ライトシェア」の特徴

ライトシェアシリーズは、毛根に熱を加えて発毛組織を壊す熱破壊式のダイオードレーザーです。皮膚を吸引しながらレーザーを照射するという独自の吸引システムを採用しています。これによって、毛包にのみ集中的にダメージを与えることができ、低出力でも高い脱毛効果を発揮できる仕組みになっています。肌へのダメージが少なく、痛みはほとんどありません。

また、従来の医療レーザーと比べ、ヘッドが大きく広範囲に脱毛できるため、施術時間を大幅に短縮できるというメリットがあります。

「ソプラノ」の特徴

ソプラノシリーズは、メディオスターと同じで蓄熱式のダイオードレーザーです。ほんのり温かさを感じるだけで、痛みはほとんどありません。
ソプラノシリーズの新しい機種である「ソプラノアイス・プラチナム」は、脱毛時の熱量を計測できる機能を備えています。これにより、過剰にレーザー照射してしまうことを防げるため、安全性が非常に高いという特長があります。

また、3種類の波長を同時に照射できるという独自の機能を持っており、毛根が浅い毛から深いところにある毛まで、まんべんなく脱毛効果を得ることができます。

痛みが不安な方におすすめの医療機関の選び方

痛みが不安でヒゲ脱毛を躊躇している方、または、痛みに耐えられず途中で挫折してしまったという方は、ぜひ、以下のポイントを参考にクリニックを選んでみてください。

まずは痛みの少ないレーザー機器を選ぶ

痛みのない施術を重視しているとはいえ、ヒゲ脱毛で大切なのは、やはりしっかり脱毛効果を得られることです。せっかく時間と費用をかけても、再びヒゲが生えてきてしまうようでは意味がありません。

この点を踏まえると、痛みがほとんどなく、高い脱毛効果があるダイオードレーザーをまず試してみることをおすすめします。他の医療レーザーと比べると照射回数は多くなりますが、痛みがないことを重視するなら、第一選択となるでしょう。

脱毛に慣れてきたら、より効果が高く、短期間で脱毛を完了できるアレキサンドライトレーザーに切り替えるという方法もあります。

痛みを軽減する処方をお願いする

ほとんどのクリニックでは施術前後にアイシングを行うなど、痛みや肌へのダメージに配慮しています。さらに痛みの緩和を望むのであれば、麻酔をしてくれるクリニックを選ぶのも良い方法です。

複数のレーザー機器を導入している医療機関を選ぶ

医療レーザーには、それぞれ得意とする毛質や肌質があり、痛みも異なります。そのため、複数のレーザー機器を導入して、あらゆるニーズに対応しているクリニックがあります。

たとえば、痛みの少ないダイオードレーザーからスタートして、毛の太さや濃さなどに合わせてアレキサンドライトレーザーやYAGレーザーを使い分けていくという方法です。機器の使い分けが可能かどうか、料金プランが変わるのかなど、事前にクリニックに確認しておきましょう。

豊富な経験・実績を持つクリニックを選ぶ

脱毛は機器が行うものと思われがちですが、体の凹凸や肌状態を見極めて丁寧に施術してくれるかどうかによっても、効果や痛みに違いが出てきます。痛みにも配慮しながら照射レベルを調整するには、医師や施術者の技術や経験が重要です。
ヒゲ脱毛では、できるだけ豊富な実績や経験を持つクリニックを選ぶのもポイントといえるでしょう。

無料カウンセリングやトライアルがある医療機関を選ぶ

ヒゲ脱毛の痛みは個人差が大きいため、実際に体験してみるのがもっとも良い方法といえるかもしれません。クリニックによっては、テスト照射や1回分のトライアルを実施しているところもあるので、まずは試してみることをおすすめします。
レーザー機器の種類だけでなく、クリニックの処方やアフターケアによって、痛みや肌ダメージが緩和されることもあるので、事前に確認しておくと安心です。

また、無料カウンセリングを行っているクリニックでは、毛質や毛量、肌質などを診断した上で適切なヒゲ脱毛を提案してくれます。ヒゲ脱毛の不安や疑問を解消するとともに、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。

ご予約・お問い合わせはご気軽にご連絡ください