若ハゲの6つの原因から探る、効果的な若ハゲ対策とは?

若ハゲの6つの原因から探る、効果的な若ハゲ対策とは?

この記事でご紹介すること

「まだ(10代や20代で)若いのに、髪の毛が薄くなってきた……」
「周りが、自分の頭ばかり見ているような気がする……」

若くしてそのような薄毛のお悩みを抱えているのは、あなただけではありません。そして、このいわゆる「若ハゲ」は、適切な治療で改善することができます。

この記事では、若ハゲの原因と対策について詳しく解説していきます。自分に合った対策や治療法を見つけるための参考にしてください。

そもそも、「若ハゲ」とは?

「若ハゲ」は別名「若年性脱毛症」と呼ばれ、一般的に「20代から30代の若い年齢でも毛髪が新しく生えてこない状態のこと」を指します。早い方では、10代から毛髪の成長が止まることも……。

若ハゲに悩まれている方の中には、「親の遺伝だから、仕方ない」「元々の体質だから、仕方ない」と諦めてしまう方もいますが、若ハゲの原因は遺伝や体質だけではありません。病気や生活習慣によって引き起こされるケースもあります。

若ハゲの原因や特徴をしっかりと理解し、自分に合った薄毛治療をして、改善につなげていきましょう。

若ハゲになる6つの原因と特徴

若ハゲを引き起こす原因は、主に次の6つが挙げられます。

  1. AGA(エージーエー)
  2. FAGA(エフエージーエー)
  3. 頭皮の疾患
  4. 神経性脱毛症
  5. 円形脱毛症
  6. 生活習慣の乱れ

1.AGA

AGA(エージーエー)とは、髪が薄くなる「男性型脱毛症」のことです。男性の若ハゲの原因のほとんどは、このAGAだと考えられています。

AGAの原因とメカニズム 

AGAには、 男性ホルモンが大きく関与しているといわれています。

男女問わず、人間には男性らしい身体つきや体毛などの男らしさを強めるための「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが、存在しています。テストステロンは「5-αリダクターゼ」という酵素と結合すると「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質がつくられるのですが、このジヒドロテストステロンは「発毛サイクル」に影響を与えます。

通常の発毛サイクルは

「成長期(新しい髪の毛が成長する期間・2~6年)」→「退行期(成長がゆるやかになる期間・2週間)」→「休止期(成長が止まり髪の毛が抜けてしまう期間・3~4カ月)」

となっていますが、ジヒドロテストステロンはサイクル内の「成長期」を極端に短くしてしまいます。結果、十分に毛髪が成長しないまま退行期~休止期を迎えるため、脱毛を促進させてしまうというわけです。

2.FAGA

FAGA(エフエージーエー)は、髪が細くなって頭髪全体が薄くなる症状のことをいいます。「女性男性型脱毛症」とも呼ばれ、女性の若ハゲの原因の一つです。

原因

FAGAには、女性ホルモンが大きく関与しています。

女性ホルモンの「エストロゲン」には髪の毛の成長を促したり、体内でコラーゲンの生成を促して髪の毛の“はり”や“こし”を出したりする働きがありますが、エストロゲンの分泌が減少するとこれらの働きが弱くなり、髪の毛全体が細くなってしまいます。 また、相対的に男性ホルモンの働きが強くなってしまうため、ジヒドロテストステロン(前述「AGAの原因とメカニズム」を参照)も増加します。

その結果、「成長期」→「退行期」→「休止期」の発毛サイクルに影響が出て成長期が短くなり、毛髪が十分に成長する前に退行期へ移行してしまうのです。これが、薄毛や脱毛が引き起こされ、若ハゲになる原因となります。

そのほかにも、ストレスや生活習慣などによってホルモンバランスが乱れ、FAGAが進行しやすい状態になることもあります。

特徴

局所的な脱毛ではなく、つむじ周りの髪が薄くなる症状(つむじハゲ)や頭皮全体の毛髪が細くなって抜けていくのが特徴です。

3.頭皮の疾患

若ハゲの原因の一つに、頭皮の疾患があります(疾患=乾燥や炎症、フケ症など)。頭皮の健康状態が悪くなると抜け毛などが起こりやすくなり、若ハゲになる可能性が高まります。

原因

普段使用しているシャンプーや過剰な皮脂分泌などが原因で、頭皮の乾燥やアトピー性皮膚炎などが起こる場合があります。

特徴 

通常は頭皮から皮脂が分泌されていますが、頭皮の疾患によりフケが毛穴をふさいでしまい、皮脂を外に出せず、頭皮の内部でばい菌が繁殖します。このばい菌を放置すると毛根が炎症を起こし、その結果、通常のヘアサイクル(「成長期」→「退行期」→「休止期」)が乱れてしまうため、毛が抜けてしまい若ハゲになることがあります。

4.神経性脱毛症

若ハゲを誘因する神経性脱毛症はストレスが原因で発症するため、「ストレス性脱毛症」とも呼ばれます。

原因

人間は強いストレスを感じると脳が疲れ、身体のバランスを取ろうとする自立神経の働きが乱れてしまいます。そうすると血管が縮まって血流が悪くなり、十分な栄養が頭皮まで届かなって、抜け毛を引き起こすのです。

特徴

脱毛症のように円形ではなく、地図のような形で毛が抜けていきます。特定の場所に症状が現れるわけではありません。

また、一度に髪の毛が抜けるのではなく徐々に抜けていくため、気がついたときにはハゲていた……という場合が多いようです。

5.円形脱毛症

6つの中ではよく聞く脱毛症状かもしれません。文字通り、円形状に髪の毛が抜けていきます。

原因

円形脱毛症の主な原因として考えられるのが、自己免疫疾患です。

自己免疫とは、身体の外から細菌やウイルスなどが入ってくると、それらから身を守ろうとして自分の身体とそうでないもの(細菌やウイルス)を判断し、敵とみなしたものを攻撃する機能をいいます(免疫機能)。

しかし、何らかの理由によりこの免疫機能が異常を起こし、自分の正常な身体の組織をなぜか敵とみなして攻撃してしまうケースがあります。これが、自己免疫疾患です。円形脱毛症は、自己免疫が毛根を敵とみなして攻撃した結果、発症すると考えられています。

自己免疫疾患はストレスや疲労などの原因が疑われていますが、ストレスや疲労などを感じていない方でも発症することがあり、明確な原因はわかっていません。また、遺伝やアトピーが円形脱毛症と関係しているといわれているものの、こちらもまだ解明されていないのが現状です。

特徴

円形脱毛症は、老若男女問わず誰にでも起こりうる症状です。何の前触れもなく、ある日突然に円形や楕円形の脱毛が生じ、若ハゲになってしまうこともあります。

円形脱毛症の大きさは10円玉程度の大きさから一回り大きい500円玉のものがありますが、症状が進行すると頭部全体に広がることもあります。

6.その他(生活習慣の乱れ、喫煙)

生活習慣の乱れによっても、抜け毛は発生します。例えば、肉類や脂分の多い食事ばかりしていると皮脂の分泌が多くなり、抜け毛の原因になりかねません。

また喫煙は、ニコチンなどの有害物質が血流を悪くし毛根への栄養の供給を妨げるため、抜け毛や若ハゲの原因になる可能性があります。

若ハゲの原因を正しく知り、正しい対策を行うことで、若ハゲは予防・改善することができます。

また、若ハゲは早期治療がとても重要です。髪が薄くなり、抜け毛が気になり始めたら、早めに対策を講じましょう。薄毛が進行する前に抜け毛の進行を食い止め、発毛を促すことで、薄毛の改善効果は大きくなります。

ただし、若ハゲの原因を自己判断のみで断定することは難しいので、まずは薄毛治療を行っている医師に相談してみるとよいでしょう。

男性の若ハゲ、3つの特徴と対策

男性の若ハゲのタイプは、大きく3つに分けることができます。

①M字型ハゲ

おでこの左右の生え際から薄くなり、髪の生え際がアルファベットの「M」の形になります。症状が進行すると、“そり込み”が入ったように見えるのが、特徴です。

M字部分や生え際は、頭頂部に比べて血管の量が少なく、発毛に必要な栄養素などが届きにくくなっているため、外用薬などを塗っても効果が出にくい部位になっています。また、若ハゲが進行すると毛が抜けるだけではなく、毛根も死んでしまいます。そのため、進行したM字型の場合、薬の効果が出にくく、植毛治療が有効だといわれています。

②O字型ハゲ

頭頂部から薄毛が進行し、円形に薄毛が広がってアルファベットの「O」の形に見えるハゲです。

位置関係上、自分の頭頂部は気にすることが少なく、O字ハゲは知らず知らずのうちに進行していくため、気付くのに時間がかかるハゲです。治療法としては、HARG療法などの治療法があります。

③U字型ハゲ

前頭部から薄くなり、おでこの生え際が後退するハゲです。左右の生え際とともに、おでこの中央の髪の毛も後退するため、M字型ハゲのようなそり込みではなく、アルファベットの「U」のような緩やかな形になります。

M字型ハゲ同様、U字部分や生え際は血管の量が少ないため、発毛に必要な栄養素が届きにくく、塗り薬などの外用薬の効果も出にくいです。進行したU字型ハゲの有効な治療法としては、植毛治療が挙げられます。

男性・女性に共通する若ハゲ対策方法

早期に正しい対策を行えば、若ハゲは改善することができます。では、一体どんな対策があるのでしょうか? ここでは、男性でも女性でも活用可能な若ハゲ対策の方法をご紹介します。

①頭皮を清潔にする(頭皮環境を整える)

若ハゲ対策としてすぐできるのが「頭皮を清潔に保つこと」ですが、頭皮を清潔に保つためにはスカルプシャンプーが効果的です。

スカルプシャンプーは通常のシャンプーとは異なり、頭皮をケアすることを目的としたシャンプー。市販されており、未成年の方で使えるものです。

ただし、スカルプシャンプーの頭皮ケア成分の含有量については明確な決まりがあるわけではありませんので、販売メーカーによってその効果は異なります。もし効果が十分にあらわれない場合は、メーカーを変えてみたり、市販の育毛剤なども併用して試してみましょう。

なお、スカルプシャンプーには発毛効果がある成分が入っていないため、発毛目的で使用することはおすすめしません。

②ストレスを溜めないようにする

神経性脱毛症の章で述べたように、ストレスが直接的・間接的原因で抜け毛が進行する場合があります。

ストレスによる抜け毛は、薬で症状を抑えることはできても、ストレスを減らさないことには根本的な治療にはならず再発してしまうおそれがあります。

そうならないためにも、日頃からご自身のストレスを溜め込まないような生活を心がけることが大切です。

③正しい生活習慣を送る

脱毛や薄毛は、生活習慣が大きく影響します。

  • バランスの良い食事をとる
  • 規則正しい生活を送り、きちんと睡眠をとる
  • 喫煙しない
  • 過度な飲酒をしない

このような正しい生活習慣を送ることにより、若ハゲが改善される可能性があります。

④クリニックで治療する

若ハゲは、正しい対策を行えば十分に改善を期待できます。

ですが、AGAやFAGAなど一部原因に対しては治療でしか薄毛の進行を抑制・改善することはできません。

また、一人で悩み抱えこんでしまうとストレスにも繋がり、頭皮にも良くありません。少しでも薄毛に悩んだら、ぜひ勇気を出して早急にクリニックに相談してください。治療を受けなくても、診察だけであれば費用がかからないクリニックはたくさんあります。まずは、若ハゲの原因を知り、正しい対策を見つけることからはじめてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、クリニックで行うことができる治療法には例えば以下のような手段があります。

  • 内服薬を使用する
  • 外用薬を使用する
  • メソセラピーを行う
  • オリジナルメソセラピーを行う
  • 再生医療を行う

内服薬を使用する

若ハゲ治療に有効な内服薬には、フィナステリドを主成分としたプロペシアやフィナステリド、デュタステリドを主成分としたザガーロなどの内服薬があります。

これらは抜け毛を防ぎ、発毛を促進させる効果がありますが、女性には効果がないといわれており、妊婦が飲むと胎児が男の子であった場合に生殖器官の発育に影響を及ぼすおそれがあるとされています。よって男性専用となっています。

女性の薄毛治療の内服薬には、抜け毛を改善し、発毛を促す効果があるパントガールがあります。

どの薬も、副作用が考えられます。医師に処方してもらい、正しい服用方法を守りましょう。

外用薬を使用する

外用薬は、皮膚に直接塗布する薬です。

ミノキシジルと呼ばれる有効成分を配合した育毛剤があり、男女共に使用ができます。
ミノキシジルは毛細血管を拡張させて毛乳頭に栄養分を多く届ける効果があり、発毛・育毛効果が医学的に証明され認められている外用薬になります。

男性用と女性用ではミノキシジルの配合量が異なり「男性用は5%、女性用は1%」とされています。

内服薬と併用して使用されることも多く、ミノキシジルの副作用は少ないとされていますが、かぶれなどの症状がみられるときはすぐに医師に相談してください。

メソセラピー(注射による若ハゲ治療)を行う

メソセラピーとは注射により、頭皮に薬剤を注入し育毛や頭皮環境を整える治療を行います。具体的には、HARG療法やメドジェットを使ったHARG療法、ヘアフィラーなどがあります。各クリニックオリジナルで薄毛治療に有効な成分を配合し、オリジナルカクテルを注入するメソセラピー治療もあります。

・HARG療法 

HARG療法は毛髪再生に必要な成長因子を含む成分と育毛に有効的なビタミンやアミノ酸を混合させた薬剤(HARGカクテル)を直接頭皮に注入する方法です。
注射器の針で製剤を注入させますので、多少痛みが伴います。痛みを和らげるために麻酔を使用することも可能です。

HARGカクテルが注入された頭皮は髪の毛を生やす細胞を持つ「毛包」と呼ばれる組織を蘇らせるので、継続した発毛が期待できます。

HARG療法は年齢や男女を問わず治療が受けることができ、医療機関でのみ施術が認められた治療法で安全性が高いうえ、治療を受けたほとんどの方に発毛効果が見られます。

また、あらゆる原因の薄毛に効果を発揮します。
毛周期が正常化した状態になるために、治療が終わっても発毛が続きます。

内服薬や外用薬の副作用が気になる方も安心して治療ができます。使用できる内服薬が少なく薄毛の治療法に制限の多い女性の方にもおすすめです。

・メドジェットを使用したHARG療法

HARG療法は優れた薄毛治療法ですが、HARGカクテルを注入する際の痛みが伴うことが短所でした。

そこで従来の針で薬剤を注入するのではなく、メドジェット(MEDJET)という機器を使用した新しい注入方法があり、ノンニードルHARG浸透注入療法ともいいます。
これは針を使わずに炭酸ガスの噴射の圧力で0.03ミリのジェット流を皮膚表面に散布する方法です。
蚊の針の半分の太さの水流で浸透注入させるため、痛みが少なく麻酔が必要ありません。

よって、幹部を消毒してからすぐに治療が行えるので、今までのHARG療法よりも短時間での治療が可能です。

また、HARGカクテルをまんべんなく頭皮に注入することができるため、全ての毛母細胞(毛包に包まれた細胞で髪の毛を生やす細胞)がHARGカクテルの働きによって活性し、より高い発毛効果が期待できます。

今まで痛みが心配でHARG療法が受けられなかった方や、HARG療法を痛みで断念してしまった方におすすめの方法です。

オリジナルメソセラピーを行う

オリジナルメソセラピーとは、ビタミンやアミノ酸などの発毛に有効な薬剤を頭皮に直接注入する方法です。

HARG療法との違いは、HARG療法は、日本医療毛髪再生研究会に認定されたクリニックでのみ施術が認められており、この方法で使用できる薬剤は指定されたHARGカクテル(育毛に有効的なビタミンやアミノ酸を混合させた薬剤)をベースに、各クリニックで患者様の症状に合わせた有効成分を配合し、カクテルを作ります。

一方、オリジナルメソセラピーは、クリニック独自の施術で使用する薬剤は成長因子が含まれていないものや、クリニックによって異なる成長因子を含む成分と混合したものがあります。

オリジナルメソセラピーではクリニックによって使用薬剤が異なるために発毛効果が変わります。

外用薬で塗布した薬剤は患部から流れ出てしまい、十分に薬剤を毛母細胞に届けることはできませんが、メソセラピーでは毛に有効的な成分を直接頭皮に注入するために使用した薬剤のほぼ100%を毛母細胞へ届けることができます。

よって発毛効果が期待できる治療法です。

再生医療を行う

再生医療とは人の体の組織が欠損した場合に、患者様ご本人の体外で培養した組織をつかって欠損箇所を修復したり、修復の手助けをする医療です。

リジェネラという自分自身の真皮から抽出したコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、成長因子を頭皮に注入する方法があります。

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を補うことで頭皮の状態が改善されます。

そして、成長因子も一緒に注入することにより細胞の働きを促進させ、頭皮を修復する働きも補います。

その結果、髪の毛を作る細胞にたくさんの栄養が行き届くようになりハリ・コシのある髪や抜け毛の減少に効果が期待できます。

また、自分自身の血液から高濃度の血小板血漿(PRP)を抽出し、それを頭皮に注入するPRP治療もあります。
PRPに含まれる成長因子は毛母細胞生成や成長を活発にし、発毛を促進させる効果が期待できます。

これらの再生医療は自分自身から取り出し作られたものを頭皮に注入するため、アレルギーなどの副作用も少なく安心な治療法です。治療回数も少なくてすむので通院の負担もかかりません。

そのほかにも、IPS細胞と呼ばれる幹細胞があり、再生医療においてさまざまな病気を治す可能性を秘めています。薄毛治療にも効果が期待されますが、研究中の段階ですので実際の治療には使用されていません。
薄毛には早期対策が重要となりますが、それと同時に正しい対策なのか、自分のいまの状況で使用可能な薬なのか、などを確認する必要があります。

ミノキシジルやフィナステリドなど未成年には処方できない薬もあれば、内服薬のプロペシアなど性別によって飲めない薬もあります。
自己判断で自分にあった治療法を選択するのは難しいので、まずは薄毛の治療を行っている医師に相談しましょう。

一方で、HARG療法など未成年でも受けられる治療もあります。
また未成年では受けられない治療でも、保護者の同意書があれば治療が受けられる場合もあります。
未成年でも可能な治療を行っているかどうかクリニックに確認することをおすすめします。

もちろん、ご両親には相談しにくい事だとは思いますが、ひとりで悩んでいてもストレスになってしまいます。ご両親も実は気にしていたけれど言い出せなかった、ということもあるかもしれません。思いきって相談してみましょう。

まとめ|若ハゲ改善は、早めに正しい対策を

「もしかして自分は若ハゲかもしれない?」と思ったら症状の進行を止めるためにも、早めに対策を行うようにしましょう。正しい生活習慣にするなど、すぐに始められることもあります。

ですが、スカルプケアなどのセルフケアは効果が出る人と出ない人がいます。

もしいくつかの方法を試してみても発毛・育毛の効果が見られない場合は、原因はいくつか考えられますので、正しい原因を知るためにも自己判断はせずに専門の医師にまずは相談してください。

その上でセルフケアがいいのか、治療が必要なのか判断しましょう。

若ハゲを周りに相談できずひとりで悩んでいる人はたくさんいらっしゃいます。
ですが、ひとりで悩んでいるとストレスが溜まり、症状が悪化してしまう可能性もあります。

無料カウンセリングを行っているクリニックもありますので、少しでも気になったら、まずは専門医師に相談してみることをおすすめします。

ご予約・お問い合わせはご気軽にご連絡ください

0120-472-332 電話する 0120-472-332

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院