AGAに悩んでいる人であれば知っておいてほしい、「HARG療法」のこと

AGAに悩んでいる人であれば知っておいてほしい、「HARG療法」のこと

この記事でご紹介すること

「いま薄毛に悩んでいて、市販の薄毛対策シャンプーを何度か試してみたが、全く効果がなかった。」
「薄毛治療専門のクリニックで処方された、塗り薬や飲み薬でも変化がなかったので、半ば諦めている。」

AGA(男性型脱毛症)で悩んでいらっしゃる方のなかには、こういったご経験や悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

一般的なAGA専門クリニックでは、まず最初の治療段階として、塗り薬や飲み薬から処方されることがあります。
しかし、薄毛症状の進行具合や薬との相性などによって、発毛に十分な効果が得られない場合があります。

そこで近年、薄毛治療に効果があると注目されているのが「HARG(ハーグ)療法」と呼ばれる治療方法です。

今回の記事では、HARG療法の効果やリスクなどの基礎知識に加え、治療にかかる費用やクリニックの選び方などを中心にご紹介します。
もしこれから本気で薄毛治療をしていきたい、という人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

そもそも「HARG療法」とは何か?

HARG療法について知るためには、まず、メソセラピーについて知る必要があります。

メソセラピーとは、頭皮に有効成分を注射するAGAの治療法

メソセラピーとは、発毛や育毛効果のある成長因子を頭皮に直接注射する治療法で、薄毛治療においてより高い育毛効果が期待できるとされています。

飲み薬や塗り薬の成分のほかに、ビタミンやアミノ酸などを頭皮に注射しますが、多くのAGAクリニックでは独自に成分を配合したものを使っています。

AGAの飲み薬や塗り薬は、症状の進行を抑えたり頭皮の血行を良くしたりするものです。そのため、脱毛が進行していると、効果が得られないことがあります。そのような場合、これまでは植毛など外科的な治療が選択されていました。

しかし近年、AGAが進行していても、かろうじて毛が残っている場合は、メソセラピーで頭皮に有効成分を直接注射することで、頭皮環境が整い、発毛と育毛を促すことができます。

メソセラピーの種類

メソセラピーは4つの種類に大別できます。このうちの一つが、HARG療法です。

①HARG療法

メソセラピーに再生療法の技術を取り入れた治療法が、HARG療法です。

再生療法とは細胞の元から組織を作り出す新しい治療方法の一つで、HARG療法では、発毛や育毛にかかわる組織の再生を促す成分(HARGカクテル)を注入します。この注入によって、機能が低下している頭皮の細胞に発毛や育毛の命令をすることが期待できます。

荒れた大地に作物が実らないように、頭皮の状態が悪いと健康な髪が生えてくるのは難しくなります。例えるなら、メソセラピーは大地に肥料をまくもの、HARG療法は作物(毛髪)の種をまくようなものだといえるでしょう。

②メドジェット

メドジェットは、蚊の針よりも細い針を使用医療機器でHARGカクテルを頭皮に注入する治療法です。患者様に負担が少ない治療法で、痛みが少なく、短時間で治療ができます。効果としては、通常のHARG療法と変わらない効果が期待できます。

③ヘアフィラー

毛髪の再生を促進する、7つの機能性ペプチド主成分とした発毛注入剤です。ハイジェッタ(HAiJeta)という自動注入器を使って、薄毛の部分に適切な量を正確に注入していきます。初期の薄毛症状に効果的な治療法です。

④各クリニックのオリジナルメソセラピー

治療名は各クリニックで異なります。配合する成分がクリニックにより異なります。また、クリニックによっては複数のカクテルを所有し、患者様の症状にあったカクテルを注入することもあります。

HARG療法の効果とリスク

HARG療法について知りたい人の中には、実際にどのような効果やリスクがあるのか、気になる人も多いでしょう。ここでは、HARG療法で期待できる効果やリスクについてご紹介します。

HARG療法の効果

発毛や育毛を助ける成分を直接頭皮へ注射するHARG療法は、飲み薬や塗り薬と比べてより高い育毛効果が期待できます。

例えば飲み薬の場合、血液を介して全身に薬の効果が作用してしまうため、薬の効果を本当に必要としている部分には、ほんのわずかしか作用しません。特定の部位への効果を狙った塗り薬でも、皮膚のバリア機能により、薬の効果はそれほど高くありません。

また、HARG療法により頭皮環境を整えた上で、通常のAGA治療薬を服用することで、より高い発毛・育毛効果を期待することができます。

昨今、インターネットの発展に伴い、HARG療法に関するさまざまな情報が発信されていますが、その中で「HARG療法は効果がない」といった情報を目にする機会があります。

確かに、HARG療法は1回の治療で効果を感じることは難しい治療法です。しかし、AGAの進行状況にもよりますが、3~6回の継続的な治療をすることで、効果は期待できます。(ただし、毛穴がないようなかなり重度の薄毛の方には、効果を感じていただけないかもしれません。)

インターネットだけを情報源にするのではなく、無料カウンセリングや医師の診断を受け、治療に対する疑問や不安を解消しましょう。

HARG療法のリスク

1900年(明治33年)に創立された皮膚科の学会「公益社団法人日本皮膚科学会」は、HARG療法を積極的に推奨していませんでした。その理由は、先進医療である再生医療を応用しているためです(再生医療を使った治療の研究データは少ないため、安全性が保証されていません)。しかし近年、同会は、再生医療を用いたAGA治療に対して期待している立場も見せています。

HARG療法にかかる費用は?

HARG療法には、健康保険が適用されません。これはAGA治療の全般にも言えることですが、治療にかかわる費用は全額、自己負担となります。また、医療機関ごとに治療費が設定できる自由診療のため、医療機関により料金設定は異なります。ただし、治療費の下限が定められている治療のため、特別に金額を安く設定しているクリニックはない治療になります。

通常HARG療法では、3~4週間に1回を1クールとして、3カ月~半年の治療を行います。
1回あたりの治療費用は、あくまで目安となりますが8~15万円と治療範囲により金額に幅があります。この治療を推奨は6回1セットで行うため、トータルでかかるコストは、48~90万円程になります。

決して安いとは言えないものの、治療後は自毛の髪が生えるようになったり、ハリのある健康的な髪の育毛が期待できます。

HARG療法は限られたクリニックでしか治療ができず、クリニックが遠方にある場合、治療費以外にも多額の交通費がかかることもあります。

クリニックの中には交通費を支給している所もあるので、病院選びの参考にしてください。

HARG療法は、どのようなクリニックで受ければいいの?

HARG療法を受けてみたいときに、どのような薄毛治療のクリニックを選べばよいか、迷う方もいらっしゃるしょう。そこで、HARG療法を受けるときのクリニックを選びのポイントを4つ、挙げてみます。

①HARG療法の認定医療機関である

HARG療法に関する団体である「日本医療毛髪再生研究会」は、HARG療法を行う医療機関を認定する制度があります。HARG療法を受ける際は認定を受けているクリニックを選ぶようにしましょう。認定を受けている多くのAGAクリニックでは、HARG療法の認定書を掲示しています。

②HARG療法について十分な説明がある

事前に医師からきちんとHARG療法についての説明があることが、大切です。このとき、HARG療法のメリットだけではなく、デメリットについても説明があるかどうか、確認しましょう。HARG療法のメリットとデメリットを十分理解した上で治療を受けるかどうかを決めてください。

③強引な勧誘がない

HARG療法を強くすすめるクリニックは避けた方がよいでしょう。そもそも、医療機関で治療の勧誘を行うのは禁止されています。強引な方法でHARG療法をすすめるクリニックには注意してください。

④患者様にとって負担が少ない治療を行っている

HARG療法は脱毛部に複数カ所の注射が必要であり、身体に負担がかかる場合があります。注射の痛みに弱い人は、身体への負担が少ないメドジェットなどを扱っているクリニックに相談してみましょう。

まとめ|AGA治療を受ける前に、まずは頭皮環境を整えることが先決

「『治っている』という効果を感じたい」
「できる限り、治療費は安く抑えたい」
「まずは試しに薄毛治療を始めてみたい」

薄毛の治療を希望される大半の患者様は、このように思っているでしょう。

これらの想いをかなえるためにHARG療法は最適な治療法かもしれません。その理由としては、AGA治療を受ける前に、まずはHARG療法で頭皮環境を整えるとよりAGA薬の効果を期待することができるからです。

薬のみでAGAの治療を始めることも、間違ってはいません。しかし、頭皮環境の状態が悪いと薬の効果は半減してしまいます。

そして、その事実を知らずにAGAの治療を続けていても、想定より薄毛が改善していなかったり、薄毛の進行が思った以上に早くなっていたりといった残念な結果につながりかねません。

今の治療に満足をしていない方、薄毛治療の効果をより実感したい方は、まずはクリニックへ行き、HARG療法について医師に相談をしてみてはいかがでしょうか。

ご予約・お問い合わせはご気軽にご連絡ください

0120-472-332 電話する 0120-472-332

[受付]9:30~19:00 [診察]10:00~18:00 土日祝も開院