育毛剤の効果と正しい使い方を知ろう

育毛剤の効果と正しい使い方を知ろう

この記事でご紹介すること

「育毛剤に興味がある」「育毛剤を使い始めた」という方の中には、「育毛剤ってたくさん種類があるけれど、そもそも実際に効果があるのかな……」といった疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか?

今回は正しい育毛剤の効果や特徴、使用方法などについて、解説していきます。

育毛剤って、そもそもどんな商品?

育毛剤とは、読んで字のごとく「髪を育てるもの」です。毛そのものを生やす商品ではありません。「最近、毛が細くなった」「髪の毛の“こし”がなくなった」などといった悩みを持った方に適した商品です。

育毛剤の種類は3つに大別でき、それぞれ、価格、目的、効果が異なります。

  1. 化粧品
  2. 医薬部外品
  3. 医薬品(一般用医薬品、医療用医薬品)

①化粧品(1000円程度)

「育毛シャンプー」「育毛ヘアトニック」という表示で販売されています。ネットショップやドラッグストアなどで手軽に購入することができます。

②医薬部外品(5000〜15000円程度)

ドラッグストアなどで入手することができる「薬用育毛剤」と表示されている育毛剤は、医薬部外品にあたります。医薬部外品と記載されたものは、厚生労働省が許可した「効果効能に有効な成分が一定量配合されているもの」を指しており、その目的は主に「予防」です。

ちなみに、ネットショップでは豊富な種類から選ぶことができます。

③医薬品(2000〜15000円程度)

医薬品の目的は主に「治療」で、厚生労働省が認める有効成分の配合によって効果が実証されたものを指し、「医療用医薬品(医師の処方せん)」と「一般用医薬品(薬剤師が調合)」の2種類があります。

医療用医薬品の育毛剤の価格は保険適用外のため、5000〜15000円程度と少し高めですが、ドラッグストアや薬局などで購入できる一般用医薬品の育毛剤は、2000〜8000円程度です。

医療用医薬品例①「ミノキシジル内服薬」

「ミノキシジル」とは、もともと血圧降下剤(血圧を下げる薬)として使われていた治療薬です。強い血管拡張作用と造精作用があり、毛乳細胞に働きかけます。

ミノキシジル内服薬は、血液に吸収され直接頭皮に薬が届くため、頭皮の状態によって育毛効果にムラが出てしまう外用薬よりも高い効果が期待できます。平均的な値段は、4000〜7500円/月程度が目安です。

医療用医薬品例②「ミノキシジル外用薬」

ミノキシジル内服薬より効果はやや落ちるものの、副作用のリスクが少ないのが、ミノキシジル外用薬です。薬を飲むことに抵抗がある方に、おすすめです。

一般用医薬品のミノキシジル配合ローションの場合、5%の配合が主流ですが、中央クリニックでは5%以上配合※したミノキシジル外用薬もあります。価格帯は、3500〜7500円/月と製造元により金額に差が出ます。

※アメリカやEUの研究結果では、たとえミノキシジルの配合が5%以上であったとしても、副作用が起こる割合は変わらないとされています。

「育毛剤」と「育毛トニック」の違いとは?

「育毛トニック」という言葉を見かけることがあります。育毛剤と、一体何が違うのでしょうか?

育毛剤は、「抜け毛を予防し、残っている毛を育てていくためのもの」です。一方、育毛トニックは「頭皮環境を整えるもの」。明らかに、それぞれの目的は異なっています。

効果の面から見てみると、育毛トニックの成分の50〜70%はアルコールと水でできているため、育毛効果は期待できません。しかし、抗菌作用の強いオクトピロックスなどの成分は、頭皮のフケやかゆみ、ベタベタ感などをすっきりさせる効果があります。

育毛剤の正しい使い方

育毛剤は正しく使うことで、その効果を発揮します。もし誤った使い方をしてしまうと、効果が出にくいばかりか、副作用を引き起こすおそれもあります。育毛の効果を高めるためにも、正しい育毛剤の使い方を実践していきましょう。

使い方その①~使用回数・使用量を守ること

育毛剤に記載された使用回数や使用量を、適切に守ってください。商品によっては、朝と夜の1回ずつ(計2回使用)のものと、1日1回の使用のものがあります。使用量も、育毛剤の種類によって1回に使用する量が異なるため、しっかりと確認してください。

使い方その②~頭皮を清潔にしてから使用する

夜はしっかりとシャンプーをして、頭皮を清潔にしてから、育毛剤を使用してください。また、髪が濡れた状態では効果が出ない場合があります。ドライヤーでしっかりと乾かしてから、使用しましょう。

使い方その③~頭皮マッサージをしてより効果的に

頭皮に浸透させるように使用しましょう。育毛剤を塗った後に頭皮マッサージをするとより効果的です。指の腹を使い、ゆっくりとやさしく頭皮をもみ込んで、薬を染み込ませてください。

どの育毛剤にも使用方法が記載されています。使用方法を正しく守り、育毛の効果を高めましょう。

まとめ|お金と時間を無駄にしないためにも、育毛剤の正しい知識を身につけよう

ひとくちに育毛剤といっても、育毛トニックとの差がわからなかったりその効果に確信が持てなかったりと、正しく理解している人は少ないのかもしれません。今回の記事を通じて育毛剤の効果や使い方をしっかりと認識し、お金と時間を無駄にしない、自分に合った適切な育毛剤を見つけてください。

ご予約・お問い合わせはご気軽にご連絡ください