フィナステリド


フィナステリド

1フィナステリドとは

finasteride

「抜け毛が増える」「髪の毛が伸びずに産毛の様な細い毛ばかりになる」事が特徴の男性型脱毛症AGAは、進行形の抜け毛です。そのため放置すると、最終的には発症部位の毛が全て抜け落ちます。

フィナステリドはこのAGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制する事で、「AGAの進行をストップ」して、「抜け毛の減少」「成長サイクルを正常に戻す」働きがある成分です。

その効能性は日本皮膚科学会で最高ランクのAランクを取得した程の実力なので、中央クリニックでもフィナステリドを配合した薬は需要が多く、常に人気の高い薬となっています。

2フィナステリドがおすすめの方

  • AGAによる薄毛に悩んでいる方
  • 医学的根拠がある、効能性の高い内服薬を求めている方

3フィナステリドの特徴・メリット

  • AGAの原因となる、ジヒドロテストステロンの生成を徹底的に抑制
  • 頭皮の環境を整えて、髪の毛が健やかに育つのをサポート

4フィナステリドの詳細

フィナステリドは、男性型脱毛症AGAを抑制する効果を持つ成分です。

男性型脱毛症AGAとは

髪の毛は、頭皮の中で栄養を蓄える「休止期」→産毛の様な細い髪の毛が生えてくる「成長期初期」→髪の毛が伸びる「成長期中期」→髪の毛が太くなる「成長期後期」→髪の毛が細くなって抜け落ちる「退行期」を経て休止期に戻ります。この成長サイクルを繰り返す事で、「髪の毛が健やかに成長する」「頭髪の量を一定に保つ」事が出来るのです。

しかし、加齢やストレス、生活習慣等が理由で男性ホルモンが減少すると、男性ホルモンと5αリダクターゼ酵素が結びつき、ジヒドロテストステロンという強力な男性ホルモンが分泌されます。

このジヒドロテストステロンは年齢を重ねても男らしい体や性格、男性機能を維持するために欠かせないホルモンですが、髪の毛に対しては一転して悪影響を与えます。

ジヒドロテストステロンが存在している毛乳頭は、髪の毛の元となる細胞に指令を出して成長させる働きを担っている、髪の毛にとって非常に大切な部位です。しかし、ジヒドロテストステロンはこの毛乳頭の成長指令を阻害して成長期を短くしてしまうので、徐々に成長期後期と中期が無くなってしまいます。

その結果、進行すると成長期初期の産毛の様な細い髪の毛が生えた後、すぐに髪の毛が抜け落ちる休止期になってしまうので、発症部位の髪の毛が薄くなり、最終的には全ての毛が抜け落ちてしまうのです。この進行形の薄毛を男性型脱毛症AGAといい、主に前頭部と後頭部に発症します。

フィナステリドの効果

フィナステリドには、下記の効果があります。

ジヒドロテストステロンの生成を抑制する

男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼ酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロンに変化します。フィナステリドはこの5αリダクターゼ酵素を抑制する事で、ジヒドロテストステロンの生成を防ぐ働きを持つ成分です。ジヒドロテストステロンが抑制された髪の毛は、再び成長サイクルの指令が活発になるので、「髪の毛の生える期間が長くなる」「休止期が短くなって抜け毛が減少する」「AGAの進行を抑える」効果があります。

皮脂分泌を抑える

フィナステリドは、頭皮の皮脂分泌を抑える作用も担っています。皮脂による余計な油分が頭皮に詰まると、頭皮の血行が悪くなって栄養が届きにくくなってしまうので、髪の毛が伸びなくなり、抜けやすくなってしまいます。そこでフィナステリドが皮脂分泌を抑える事で、頭皮の状態が健やかになって髪の毛に栄養が届きやすくなるので、「AGA治療効果がしっかり発揮出来る」ようになるのです。

日本皮膚科学会が認めた、高い効能性

現在日本には多種多様の薄毛治療薬が溢れていますが、中には医学的根拠が認められてない成分もあります。また、成分が認められていたとしても海外で臨床実験を行った成分は、日本人の体質と合わなくて効果が得られない場合もあります。

そこで複数の有名大学で作られた日本皮膚科学会が、日本男性に適した治療薬をランク付で評価する男性脱毛症診察ガイドラインを作り、そこで薄毛治療薬の信憑性を客観的に評価する事で適切な治療薬か否かの判断材料としました。

フィナステリドはこの男性脱毛症診察ガイドラインにおいて最高ランクのA評価を得て、男性型脱毛症AGAに対して効果があると認められた、医学的根拠に基づいた成分です。

効果が実感出来るまで

フィナステリドを服用すると、服用したフィナステリド成分は血液に乗って頭皮まで行き、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制し始めます。そして継続的にジヒドロテストステロンが抑制され続ける事で、成長サイクルが元に戻って、薄毛が改善されるのです。

そのためフィナステリドによる効果は、成長サイクルが元に戻るまでの間、常に血液中にフィナステリド成分がある事が条件となるので、効果を実感するためには6ヶ月以上の服用が必要です。

【フィナステリドの副作用•リスク】

・肝機能障害(頻度不明)

・痒み

・蕁麻疹

・発疹

・血管浮腫

・睾丸痛

・男性不妊症

・精液の質低下

・抑うつ症状

・めまい

・リビドー減退

・射精障害

・精液量減少 など

※献血は服用中止後1ヶ月間開けてください。

料金表
無料カウンセリングのご予約・ご相談

おすすめメニュー recommend menu

全国の中央クリニック We are located all around Japan.

中央クリニックは全国17院。
美容外科治療には確かな医療技術が求められます。
中央クリニックでは、高い技術力、豊富な経験・実績のある、
選ばれたドクターのみが治療を行ないます。

中央クリニックなら、男の身体の悩みを解決できます

ご予約・お問い合わせはご気軽にご連絡ください